デザイナーの中里唯馬がunistepsと共催し「FASHION FRONTIER PROGRAM」を始動

気候変動、人種差別、経済格差など、多くの深刻な社会的課題に直面している中、多くの環境負荷をもたらすとされるファッション業界では、デザイナーの中里唯馬が発起人となり、unistepsと共催し、環境省VOGUE JAPANをパートナーにFASHION FRONTIER PROGRAM を始動。開拓者精神を持つ、勇気と志を持った未来のファッションデザイナーの募集を2021年7月5日(月)から開始した。

 adf-web-magazine-vogue-japan-fashion-frontier-program-1.png

FASHION FRONTIER PROGRAM

本プログラムでは、参加者と共に衣服について学び、考え、やがて衣服に対する意識が社会全体で向上していくこと目指す。またプログラムの情報発信は、『VOGUEJAPAN』がダイバーシティ&インクルージョン、サステナビリティ、ワーク&ライフの3カテゴリーに主軸をおき、社会課題の啓発や国内外の最新事例の発信を目的として2020年にスタートした「VOGUE CHANGE」と連携して行っていく。

プログラム概要

年齢を問わず、ファッションデザイナーとして新たな一歩を踏み出したい方を募集する。選考を通過するとソーシャルレスポンシビリティ(社会的責任)とクリエイティビティ(創造性)を併せ持つ衣服のデザイン審査がある。最終審査までの過程では、様々なジャンルのサポーターやアドバイザーから学びの機会や、制作に必要な素材や技術者からの補助やアドバイス、さらには作品発表の機会とメディアでの発信がサポートされる。(応募方法・詳細は公式HPまで)

プログラムスケジュール

  • 募集期間:2021年7月5日(月)から8月5日(木)まで
  • サポートの提供:2021年8月下旬から11月まで(審査通過者のみ)
  • 作品撮影・最終審査:2021年11月末
  • 受賞者発表:2021年12月
  • ラボへの参加:2022年1月から
  • 審査員(50音順):五箇 公一(国立環境研究所・生物多様性領域 室長)、妹島 和世(建築家) 、中里 唯馬(ファッションデザイナー)、宮田 裕章 (慶應義塾大学医学部教授)、渡辺 三津子(『VOGUE JAPAN』編集長)
adf-web-magazine-vogue-japan-fashion-frontier-program-2.png

FASHION FRONTIER PROGRAM

ローンチ記念トークイベント

「開拓者精神を持つ未来のファッションデザイナーへ」
YouTubeプレミア公開にて2021年7月21日19:00から配信予定
小泉進次郎環境大臣, 渡辺三津子 『VOGUE JAPAN』編集長, ファッションデザイナー 中里唯馬による対談


pwa