若き谷川俊太郎の日常がここに 永遠の少年の魂のタイムカプセル

トゥーヴァージンズは、谷川俊太郎の引き出しに約70年間眠っていた貴重なネガと、若書きの詩を書籍化、部数限定の写真集と詩集の2冊函入りの『楽園』として、2023年3月17日(金)に発売する。『楽園』は谷川俊太郎が詩人・写真家としてまだ世に出る前の18歳から21歳の時期に、二眼レフカメラで身の回りの日常を捉えた写真を収めた写真集「lost & found」と、友人に勧められて詩作を始めたころの詩を中心に谷川自身が選び、編んだ詩集「shuffle」の2冊をリソグラフ装の函に収めた「谷川俊太郎の原点」とも言える作品集。adf-web-magazine-paradise-tanikawa-shuntaro-1

18歳から21歳のころの谷川が愛した日常の光景を収めた写真と社会への距離感と自由への憧れを感じながら生きる心象を描いた詩を併せて味わうと、写真が持つ含意がより深まるように感じられ、70年前の作品が時を超えて今も豊かな時間と空間を湛えていることに驚かされる。本書は谷川のアーリー・ワークスであると同時に、「永遠の少年」の魂のタイムカプセルとも言える。adf-web-magazine-paradise-tanikawa-shuntaro-7

谷川をリスペクトする人々が集結

今回の出版は「アナログレコードのように味わいのあるフィルム写真を見直そう」と結成された「Dear Film Project」のメンバーが、70年間谷川の引き出しに眠っていたネガフィルムを借りて実現。数々の名作写真集のプリンティング・ディレクションを担当した野口啓一をはじめとして、製版、印刷、製本は写真の質感を表現するため、この道数十年のプロが集結し、最高の職人チームによって手作業で​行われた。アートディレクションと装丁のリソグラフ印刷はDFP白谷敏夫が、編集はDFP尾崎靖が担当、谷川をリスペクトする心意気がここに集結。クラフトワークの塊を愛蔵版として限定発売する。adf-web-magazine-paradise-tanikawa-shuntaro-2adf-web-magazine-paradise-tanikawa-shuntaro-3

谷川俊太郎

1931年東京生まれ。1952年第一詩集『二十億光年の孤独』を刊行。詩作のほか、エッセイ、絵本、翻訳、作詞など、常に詩の可能性や領域を広げる新たな試みを続け、写真家としても書籍を刊行するなど、幅広く作品を発表している。著書・受賞多数。海外での人気や評価も高く、日本を代表する詩人である。

adf-web-magazine-paradise-tanikawa-shuntaro-4

©Shuntaro Tanikawa

adf-web-magazine-paradise-tanikawa-shuntaro-5

©Shuntaro Tanikawa

adf-web-magazine-paradise-tanikawa-shuntaro-6

©Shuntaro Tanikawa

『楽園』書籍情報

谷川俊太郎
仕様函入り、2冊セット商品
定価11,000円(本体10,000円+税)
発売2023年3月17日

pwa