他のいきものたちと共に生きていく未来

上野アーティストプロジェクト2023「いのちをうつす ―菌類、植物、動物、人間」およびコレクション展「動物園にて ―東京都コレクションを中心に」が、2023年11月16日(木)から2024年1月8日(月・祝)まで東京都美術館で開催される。

adf-web-magazine-inochi-utsusu-tokyo-met-art-museum-1

「いのちをうつす ―菌類、植物、動物、人間」では、人間以外の自然界のいきものを「うつす」ことに取り組み続けてきた6名のつくり手たちを紹介。創作・表現活動において、動物や植物という題材は非常にポピュラーなだが、本展では、特定のいきものと分かちがたい関係を結び、数十年にわたり高い熱量を絶やすことなく、それらの姿を追いかけ続けた/続けているつくり手たちに注目する。ひとつの主題を切実に求め、それらの姿を写し、描き、かたどることを通して、それぞれのつくり手たちは何を見つめてきたのか。本展では、「うつす」という営みの中で繰り広げられる、他者との触れあいの様々なあり方と向き合いながら、私たち人間が他のいきものたちと共に生きていく未来について、考えていく。

展覧会のみどころ

  • 数十年間のまなざしをたどる
    展示作品をとおして、数十年以上にわたって一つのいきものを追いかけ続けてきたつくり手たちのまなざしの軌跡をたどる。特定のモチーフにひたむきに向き合い続ける中でしか生み出され得ない、奥深い魅力を持つ作品を展示。
  • うつされた=記録されたいきものたち
    対象を観察し、その姿を写実的にうつしとるという制作姿勢から生み出された作品は、つくり手たちの表現であると同時に、それぞれの個体の記録としての学術的な意味も有している。自然界に生息するいきものたちのありのままの姿を、自然科学的な視点からも鑑賞できる。
  • 触って鑑賞する
    本展では、視覚に障害のある方のために内山春雄氏が開発した鳥の彫刻「タッチカービング」約40点をはじめ、手で触って鑑賞する作品や「触察」ツールを展示。障害の有無に関わらず、触覚を使った鑑賞が体験できる。

出品作家紹介(50音順)

阿部知暁 / ABE Chisato

adf-web-magazine-inochi-utsusu-tokyo-met-art-museum-3

1957年高知県生まれ。1982年大阪芸術大学卒業。1980年代半ばから日本全国の動物園等で飼育されるゴリラを追いかけ始めた。以来、世界各地の動物園、野生ゴリラの暮らすアフリカなど、各地のゴリラを訪ね、描き続けている。現在、一陽会運営委員。

今井壽惠 / IMAI Hisae

adf-web-magazine-inochi-utsusu-tokyo-met-art-museum-4

1931年東京都生まれ。1956年の初個展を皮切りに、作家活動と並行してファッション写真や広告写真など幅広い分野で活躍。交通事故で負傷し一時失った視力を回復した後、馬に関心を向けはじめ、1970年以降、競走馬の取材・撮影に集中した。2009年逝去。

内山春雄 / UCHIYAMA Haruo

adf-web-magazine-inochi-utsusu-tokyo-met-art-museum-5

1950年岐阜県生まれ。木象嵌師として研鑽を積んだのち、1980年より日本鳥類保護連盟の依頼を受け、バードカービングの制作に着手。以後、その技術の普及や鳥類保護への活用に取り組んできた。現在、日本バードカービング協会会長。

小林路子 / KOBAYASHI Michiko

adf-web-magazine-inochi-utsusu-tokyo-met-art-museum-6

東京都生まれ。1979年から86年まで自由美術協会会員。森毅編『キノコの不思議』(光文社、1986年)の挿絵を担当したことを機に、周囲の生物と関わりながら生きる野生キノコの魅力を知り、以来、多種多様な環境に発生するキノコを探し、描き続けてきた。

辻永 / TSUJI Hisashi

adf-web-magazine-inochi-utsusu-tokyo-met-art-museum-7

1884年広島県生まれ。茨城県水戸市で育つ。東京美術学校西洋画科卒業後、主に風景を描く画家として画壇で活躍し、日展や光風会で理事長を務めた。一方で少年期より植物を深く愛し、最晩年に至るまで日々植物を描き続けていた。1974年逝去。

冨田美穂 / TOMITA Miho

adf-web-magazine-inochi-utsusu-tokyo-met-art-museum-8

1979年東京都生まれ。2004年武蔵野美術大学造形学部油絵学科版画コース卒業。在学中の酪農アルバイトで間近に触れたウシの存在に魅了され、卒業後北海道に移住し、酪農の仕事をしながら、出会ったウシたちの姿を木版画に刻み続けている。

上野アーティストプロジェクト2023「いのちをうつす ―菌類、植物、動物、人間」開催概要

会期2023年11月16日(木)~2024年1月8日(月・祝)
会場東京都美術館 ギャラリーA・C
休室日11/20(月)、12/4(月)、12/18(月)、12/21(木)~2024年1/3(水)
時間9:30~17:30、11/17(金)、11/24(金)、12/1(金)、12/8(金)は9:30-20:00(入室は閉室の30分前まで)
料金一般500円 65歳以上300円 学生以下無料
主催公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都美術館
URLhttps://onl.tw/V6BW5XX

同時開催・コレクション展「動物園にて ―東京都コレクションを中心に」

「いのちをうつす ―菌類、植物、動物、人間」の開催期間中、コレクション展「動物園にて ―東京都コレクションを中心に」も同時開催される。本展では、主に東京都美術館に隣接する上野動物園という日本最古の「動物園」に焦点を当てながら、東京都立の美術館・博物館、またその他の施設や個人等が保管する、「動物園」に関わる作品・資料を展示する。

adf-web-magazine-inochi-utsusu-tokyo-met-art-museum-2

現在「動物園」(Zoological Garden)という名で親しまれる様々な動物を飼育・公開展示する施設は、18世紀末のヨーロッパで誕生し、日本では、明治15(1882)年、上野の地に最初の「動物園」が開園した。以来、各地に次々と開かれた「動物園」は、時代とともにそのあり方を少しずつ変えながら、現在も数多くの来園者たちを招き入れ続けている。「動物園」にまつわる様々な記憶の断片を訪ね歩く中で、近代以降の「動物園」という空間における、人間と動物との関わり合いの様相を、あらためて捉えなおす機会となる。

主な出品作品

adf-web-magazine-inochi-utsusu-tokyo-met-art-museum-9

adf-web-magazine-inochi-utsusu-tokyo-met-art-museum-10

動物園にて ―東京都コレクションを中心に 開催概要

会期2023年11月16日(木)~2024年1月8日(月・祝)
会場東京都美術館 ギャラリーB
休室日11/20(月)、12/4(月)、12/18(月)、12/21(木)~2024年1/3(水)
時間9:30-17:30、11/17(金)、11/24(金)、12/1(金)、12/8(金)は9:30-20:00(入室は閉室の30分前まで)
料金無料
主催東京都、公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都美術館
URLhttps://onl.tw/mz4KxrX

pwa