「大手町の森」に落合陽一によるデジタルインスタレーションが登場

東京建物が開発した大規模複合ビル「大手町タワー」内に位置する「大手町の森」にて、落合陽一が手掛ける立体的メディアアート作品「nullの木漏れ日」(Sunbeam of null in forest)が、2022年6月9日(木)から7月8日(金)まで展示される。

adf-web-magazine-ootemachi-no-mori-1

作品イメージ

「nullの木漏れ日」(Sunbeam of null in forest) は、3Dホログラム(3D Phantom®)を活用したメディアアートで、落合が創作のテーマにしている「デジタルネイチャー(計算機自然)」というビジョンをもとに「大手町の森」をインスタレーション作品にしたもの。「デジタルネイチャー」とは、「コンピュータと自然が親和することで再構築される新たな自然環境」として捉えられる世界像を表しており、「大手町の森」に風景を変換する作品を展示する。本作品は、空即是色色即是空と言われるように,デジタルによって物質性と離れて生まれる木漏れ日と,デジタルによって突如として生じうる可能性の関係を惹起するメディアアートとなっている。

「大手町の森」とは

「大手町の森」は、約3,600㎡におよぶ「本物の森」で、「都市を再生しながら自然を再生する」という開発コンセプトを具現化したものである。「大手町という日本の中心といえるオフィス街であればこそ、その対極ともいえる野性味のある『本物の森』に意義がある」と考え、オフィス街に本物の森を再現している。本物の森を再現することに先立ち、千葉県君津市で大手町の人工地盤などの環境を創造したプレフォレスト※を構築し3年にわたるさまざまな検証を実施したうえで、多くの土壌や植物を君津から大手町へ輸送・移植した。

adf-web-magazine-ootemachi-no-mori-5

大手町の森

adf-web-magazine-ootemachi-no-mori-4

大手町の森

adf-web-magazine-ootemachi-no-mori-3

「大手町の森」の都市環境貢献内容の概念図

「大手町の森」は一般的なオフィスビルの足元に見られる緑地帯とは異なる、緑地の集約配置、一般動線との分離、様々な樹種の混交といった工夫により、現在では近隣に位置する皇居や神田川との生態ネットワークを形成するに至っている。竣工当初に比べ、生息する動植物、昆虫の種類の増加が見られ、時折、タカ、ハヤブサ、タヌキなどが視認されるなど、多様な生態系の形成が確認されている。さらに、ヒートアイランド現象の緩和などクールスポットを生む効果や、四季の変化も楽しめることから、近隣オフィスワーカーの憩いの場として利用されている。

※ 別の敷地で育成・管理された森を、そのまま計画地に移植する取り組みのこと。

「nullの木漏れ日」展示概要

会期2022年6月9日(木)~7月8日(金)
会場大手町タワー内「大手町の森
展示時間18:00~23:00
料金無料
公式サイトhttps://www.ootemachinomori.com/

pwa