デジタルバンク「XAPO」の初物理的オフィスをラグランジャデザインスタジオがデザイン

暗号通貨向けのオンラインバンキングサービスを提供する銀行、XAPO(以下サポ)のフラッグシップヘッドクオーターがラグランジャ・デザインによってデザインされた。これはサポにとって初めて物理的に存在する本社であるとともに、ラグランジャデザインスタジオにとっても初めての歴史的建造物のリフォームプロジェクトとなった。

adf-web-magazine-xapo-lagrania-design-1.jpg

Photo credit: Lagranja Design

特異な場所

サポはジブラルタルの旧市街の中心部にある古い兵舎の中にあり、有名な岩の陰に設立された。建物の裏側は元の市壁と防衛塔の残骸に隣接しており、正面のファサードはグランドケースメイツスクエアに面している。グランドケースメイツスクエアは、屋外のバーやレストランがたくさんある活気ある社交の中心地だ。一連の兵舎は1817年にイギリス軍によって建設され、かつて要塞化されたこの町を特徴付ける軍事施設の中で最も保存状態の良いものの1つだ。ラグランジャは兵舎が半壊した状態にあることを発見し、その歴史的重要性よりも、新しい用途を提案した。サポに隣接する湾の1つは、プロジェクトの一環として芸術や文化イベントの公共エリアとして生まれ変わった。

adf-web-magazine-xapo-lagrania-design-12.jpg

XAPO Is situated inside an old army barracks in the heart of Gibraltar’s old center, in the shadow of its famous rock.

プロジェクト

このプロジェクトの主な目的は、完全にデジタルドメインで運営されているサポに物理的な本社とプレゼンスを提供することだった。同社は地元の石灰岩で建設された兵舎複合施設の2つのアーチ型の湾(合計800平方メートル)を占めており、天井はオリジナルの木製の梁で支えられている。元の梁と石の壁はきれいに自然な状態に復元され、古代の銀行の金庫室のような空間を提供した。考古学とモダンなデザインの交差点を出発点として使用して、ラグランジャはデジタルプロセスで作られた現代的なオフィスのレイアウトと家具と装飾で、再発明された湾を復元した。それは銀行と通貨の、急速な技術主導の変革のメタファーそのものだ。

 adf-web-magazine-xapo-lagrania-design-2.jpg

Photo credit: Lagranja Desig

 adf-web-magazine-xapo-lagrania-design-6.jpg

Photo credit: Lagranja Design

インテリアデザインスキーム

調和、機能性、歴史的構造への敬意、そして驚きの要素がデザインプロジェクトを導いた。利用者がメイン広場からベイ(現在はレセプションエリア)に入ると、両側に浅いプールが設けられている。それは高さの足りない天井と釣り合いを取り、暗い空間に明るさを与える役割を担っている。夜になると、レーザー光線がプールとレセプションエリアを横切って交差する。これは屋外の広場からもインスタレーションとして見ることができる。

adf-web-magazine-xapo-lagrania-design-5.jpg

Photo credit: Lagranja Design

元の石のアーチから入るとサポの「銀行」がある。利用者がサイバー通貨取引を管理できる自動テラーが設置されており、その後ろには簡易キッチンとラウンジエリアのある会議室がある。湾の遠端はもともと防衛塔の基部にある火薬貯蔵施設として機能していたパティオに面している。庭の壁とバーベキューエリアを備えたこのパティオは、仕事だけでなくレジャーや、仕事とレジャーを組み合わせた機会にも利用できるよう考案された。オフィスはパティオの周りに集められ、透明性と流動性のためにガラススクリーンで仕切られた。

adf-web-magazine-xapo-lagrania-design-8.jpg

The supports of the robust boardroom table resemble giant amphorae, a form echoed in podiums placed in the shallow pools.

 adf-web-magazine-xapo-lagrania-design-9.jpg

Photo credit: Lagranja Design

芸術的な家具とオーダーメイドのディテール

特注の家具の大部分は、バイオコーンベースのプラスチックを使用してバルセロナで3Dプリントされた。モジュール式のフォルムとやさしい質感の外観は、すべての空間が調和したコミュニティ感覚とカジュアルな物語を作成するというアイデアがもとになっている。

adf-web-magazine-xapo-lagrania-design-7.jpg

Photo credit: Lagranja Design

adf-web-magazine-xapo-lagrania-design-11.jpg

Photo credit: Lagranja Design

銀行の待合室にはアースカラーの半円形を織り交ぜたレセプションデスクやルームディバイダーが目を引く。頑丈な会議室のテーブルのサポートは、浅いプールに置かれた巨大なアンフォラにマッチしている。柔らかく丸みを帯びたラグランジャデザインの家具のテキスタイル張りは、自然な構成と温かみのある色がチョイスされ、新しい種類の企業空間に魅力的な現代的生活感を吹き込んでいる。

 adf-web-magazine-xapo-lagrania-design-13.jpg

Photo credit: Lagranja Design

ラグランジャ デザインスタジオについて

2002年に設立されたラグランジャは、インテリアや製品の作成に焦点を当てている学際的なデザイン会社。2010年、香港の新オフィスで活動を拡大することで成長を強化し、2018年にはシンガポールに移転。2013年以来、イスタンブールにも活動を広げ、その仕事は国際的に認められ、全国的に高い評価を得ている。受賞暦に、レッド・ドッド・アワード(2007)、デザインバルセロナCiutat賞(2008)、プレミオヴィア(2009)、インターナショナル・インテリア・デザインアソシエーション-USA(2009)のIIDAエクセレンスアワード、IDEAアワード(2008)およびシルバーデルタ賞(2012)など権威ある賞がある。また2021年のサポ銀行オフィスプロジェクトでの作業により、オフィスインテリアカテゴリ(25,000スクエアフィート以下)でアーキタイザーA+アワードを受賞している。


pwa