渋谷マルイが2026年に木造商業施設としてリニューアルオープン

丸井グループは、渋谷マルイを2022年8月28日で一時休業し、日本初となる本格的な木造商業施設として2026年の開業に向けてのリニューアル工事を行う。建築設計は、ノーマン・フォスター率いるフォスターアンドパートナーズが手がける。

adf-web-magazine-norman-foster-marui-2

渋谷マルイは1971年の開店以来、フラッグシップ的な存在として約50年機能してきた。1980年代から2000年前半にかけては、トレンドファッションを提供する存在として展開し、近年では、アニメイベントなどのコンテンツも展開するなど社会のニーズにあわせて変化してきた。今回のリニューアルは、将来の様々なニーズに対応していくための土台づくりとなる。

adf-web-magazine-norman-foster-marui

リニューアル後は、丸井グループが考える「インパクト」の一つである「将来世代の未来を共に創る」の実現に向けた取り組みを具現化する店舗を目指す。出店者も、サステナビリティを意識した環境負荷軽減や社会貢献に取り組む企業に特化し、顧客に新たな体験を提供する。

日本初の本格的な木造商業施設へ

渋谷マルイは、技術革新が著しい耐火木材など構造の約60%に木材を使用した日本初のサステナブルな本格的木造商業施設として生まれ変わる。木は、製造過程でCO2を排出する鉄に比べ、成長の過程でCO2を吸収する環境負荷をかけない素材。従来の鉄骨造で建替えた場合と比較し、約2,000tのCO2排出量を削減できる見込み。また、建物のデザインは、日本の伝統的な建築技術に着目し、天然素材の使用、太陽光の活用などの自然由来のエネルギーを効率的に利用する。開店後も再生可能エネルギー由来の電力を使用するなど、最高水準の持続可能技術を採用し、環境負荷軽減を促進するサステナブルな施設を目指す。

ノーマン・フォスター / フォスターアンドパートナーズについて

建物のリードデザイナーは、国際的設計組織であるフォスターアンドパートナーズ(Foster+Partners)が担当する。フォスターアンドパートナーズは、1967年に世界的建築家のノーマン・フォスターにより設立され、50年以上にわたり、環境に配慮したサステナブルな建築とエコロジーの取り組みにおいて、パイオニアの役割を担ってきた。これまで世界45カ国以上で都市計画、公共インフラ、空港、オフィスといった多様なプロジェクトに参画している。