東京都美術館がフィン・ユールのデザインの魅力に迫る

東京都美術館では、企画展「フィン・ユールとデンマークの椅子」を2022年7月23日(土)から2022年10月9日(日)まで開催する。デンマークの家具デザインの歴史と変遷をたどり、その豊かな作例が誕生した背景を探るとともに、モダンでありながら身体に心地よくなじむフィン・ユールのデザインの魅力に迫る試みで、椅子のデザインにはじまり、理想の空間を具現した自邸の設計や、住居や店舗、オフィスのインテリアデザイン、そしてアイデアを伝えるために描いたみずみずしい水彩画まで、フィン・ユールの幅広い仕事を知ることができる。

adf-web-magazine-tokyo-metropolitan-art-museum-finn-juhl-1.jpg

フィン・ユール《イージーチェア No.45》 1945年デザイン、織田コレクション

デザイン大国として知られる北欧の国デンマーク。シンプルで機能的なそのデザインは、ヨーロッパに波及するモダニズムをゆるやかに取り入れながらも、伝統を重んじるデンマークならではの発想のもとに育まれた。

adf-web-magazine-tokyo-metropolitan-art-museum-finn-juhl-2.jpg

フィン・ユール《イージーチェア プロトタイプ》 1948年デザイン、織田コレクション

デンマークのデザイナーのなかでも、フィン・ユール(Finn Juhl 1912-1989)は、ひときわ美しい家具をデザインしたことで知られ、優雅な曲線を特徴とするその椅子は”彫刻のような椅子”とも評されている。身体を抽象化したようなやわらなかフォルムは座って心地よいばかりでなく、彫刻作品にも似た静謐な存在感を放ち、建築や美術、あるいは日用品と濃密に響き合いながら、空間の調和を生み出す役割をも果たしているようだ。

adf-web-magazine-tokyo-metropolitan-art-museum-finn-juhl-3.jpg

フィン・ユール《ボーンチェア No.44》 1944年デザイン、織田コレクション

展示構成(予定)

第1章 デンマークの椅子

  1. デンマーク・デザインのはじまり
  2. デザインの父 コーア・クリント
  3. 家具職人組合と展示会
  4. FDBモブラー、デンパルマネンテ
  5. デザイナーたちの挑戦

第2章 フィン・ユールの仕事

  1. 初期 フォルムの探求
  2. 生産性への挑戦
  3. フィン・ユール邸
  4. アメリカでの活躍
  5. 建築、インテリアデザインの仕事
  6. 1960年代から再評価まで
  • 第3章 デンマーク・デザインを体験する

「フィン・ユールとデンマークの椅子」概要

会期2022年7月23日(土)から10月9日(日)まで
会場東京都美術館 ギャラリーA・B・C
問合せ先03-3823-6921

sdgs