8回目となる今回のテーマは「都市開発のREAL・DIGITAL・VIRTUAL」

202X URBAN VISIONARY 実行委員会は都市ビジョンを共創するトークシリーズ『202X URBAN VISIONARY vol.8』を2022年4月27日(水)にYoutube Liveにて開催する。世紀の東京大改造の進行を背景にそれらの全体像や個々の開発事業を横断した共有と共創の場として、都市開発に関わるディベロッパーとクリエイターにより2019年から始まった「202X URBAN VISIONARY」。

adf-web-magazine-202X-urban-visionary

渋谷キャストからスタートし、虎ノ門ヒルズフォーラム、3×3Lab Future、sequence MIYASHITA PARKと各企業の会場をリレーしてきた本企画は今回、周年祭に合わせて1年ぶりに渋谷キャストからの配信となる。齋藤精一(パノラマティクス主宰)、豊田啓介(東京大学生産技術研究所特任教授、建築家、noiz / gluon)、山本恵久(日経クロステック・日経アーキテクチュア)、後藤太一(リージョンワークス代表社員)、田中陽明(春蒔プロジェクト / co-lab企画)のほか、三井不動産、三菱地所、森ビル、東急などの開発事業者と共に横断的なアクションに繋げられるようなトークセッションを目指す。今回は今までの議論の中でも幾度と出てきたDXやICT戦略、データの活用やストックといったデジタル管理なども含め各エリアが最適な都市環境を創る上で使用している・検討している「方法」や「道具」にフォーカスをあてた議論が期待される。

質問募集

当日登壇者に回答・議論してもらいたい質問を申込み時Peatixイベントページにて募集し、当日の議論に活用する。申込みフォームより送信が可能。

『202X URBAN VISIONARY vol.8』開催概要

日時2022年04月27日(水)開始19:00~21:00
参加方法Peatixより申込み(オンライン参加のみ。)
参加費無料

pwa