映画『HOKUSAI』をはじめ、パスポートや新紙幣で注目を集める浮世絵師、葛飾北斎の生涯と作品に迫る

Webメディアサイトの「和樂web」は、2021年5月28日(金)公開の映画『HOKUSAI』の公開に先立ち、ポータルサイト「HOKUSAI PORTAL」を2021年4月18日(日)にローンチした。浮世絵師、葛飾北斎の人物紹介や作品解説など100本を超える記事で、北斎の魅力とその周辺人物、時代背景の考察などを公開している。

adf-web-magazine-hokusai-web-site-portal

adf-web-magazine-hokusai-web-site-portal-2

2021年4月現在「和樂web」が所持する浮世絵にまつわる記事の数は400以上にのぼる。Google検索でも「浮世絵」「葛飾北斎」などの検索ワードにおいて、上位に表示される記事を多数発信しており、浮世絵を取り扱うWebメディアとして、順調に規模を拡大してきた。

adf-web-magazine-hokusai-web-site-portal-1

パスポートや新紙幣のデザインに採用された一枚。葛飾北斎『冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏』(1830-32年)メトロポリタン美術館

このような背景の中、2020年に生誕260年を迎え、パスポートや新紙幣のデザインに採用されるなど、葛飾北斎がさらなる注目を集め始めた。そこで映画『HOKUSAI』とタッグを組み、和樂webの知見とコンテンツを生かした新しいプロジェクトがスタート。北斎の旧暦の命日である4月18日に、葛飾北斎をテーマにしたポータルサイトを和樂web内に開設。「この1000年で最も偉大な功績を残した100人に選ばれた唯一の日本人」「ゴッホが愛し、ティファニーに多大なる影響を与えた」「生涯で93回引っ越しをした」、これらのフレーズは260年前に江戸の町に生を受けた絵師、葛飾北斎に冠されたもの。
「HOKUSAI PORTAL」は、北斎の人生や作品、周辺人物、彼の生きた時代の文化など、さまざまな角度から考察し、100本以上の北斎関連の既出記事に加え、和樂webのライター陣と編集部による新規記事を2021年4月から6月にかけて20本以上公開する。


pwa