新感覚デジタルアート展「巨大映像で迫る五大絵師 - 北斎・広重・宗達・光琳・若冲の世界 -」がいよいよ開幕

フジアールがデジタルアート展「巨大映像で迫る五大絵師−北斎・広重・宗達・光琳・若冲の世界−」を2021年7月16日(金)から9月9日(木)までの全56日間、大手町三井ホールにて開催する。葛飾北斎の《冨嶽三十六景》と歌川広重の《東海道五拾三次》、俵屋宗達と尾形光琳が描いた2つの《風神雷神図屏風》の競演、伊藤若冲の代表作《仙人掌群鶏図》など、日本美術の傑作が巨大映像となって集結するほか、俵屋宗達の国宝《源氏物語関屋澪標図屏風》など金屏風5作品が加わることも決定。全42作品の中から上映作品が毎日入れ替わるダブルプログラムで上映される。また、開幕翌日の7月17日(土)16時~16時55分に、BSフジにて特別番組「遂に開幕!『巨大映像で迫る五大絵師』に迫る!」が放送されることが決定した。

adf-web-magazine-fujiart-massive-screen-projection-4.jpg

「巨大映像で迫る五大絵師− 北斎・広重・宗達・光琳・若冲の世界」

adf-web-magazine-fujiart-massive-screen-projection-12 adf-web-magazine-fujiart-massive-screen-projection-13 adf-web-magazine-fujiart-massive-screen-projection-14

各界からのスペシャルサポーターの体感メッセージ

日本が誇る絵師の絵を、映像で見るのはどうなの?と思いましたが、現物を美術館で見るのと違う発見がありました。小さなところまでは実は見れていなかったことに気づきます。美は細部に宿る。その細部を大きくして鑑賞できるのは現代ならでは。さぞかし巨匠たちも嬉(うれ)しいでしょう。お、そこまでみてくれるの?気づいた?と。コロナ禍でいつしか縮こまってしまった気持ちを、巨大な絵を見ることで、解放しましょう!北斎や、広重、宗達、光琳、若冲が寄ってたかって雅の世界、美の世界へ誘ってくれますよ! 大宮エリー(作家/画家)

宗達や光琳、若冲の作品は屏風や襖だったりするから、自ずとサイズが決まってくる。浮世絵もほぼ大きさが一定で、 週刊誌見開きくらい。なのに、巨大で緻密な映像にしてしまうと、それまで見えなかったもの、気づけなかったことがこんなにあったのかと驚きが続く。怪物になった風神雷神は嵐を起こし、昆虫になった我々は巨大な花の中を飛び回る。浮世絵の登場人物になってタイムスリップ。 これは日本美術テーマパークだ。鈴木芳雄(編集者/美術ジャーナリスト)

ここまで描き込まれていたとは!体験してわかった『初めての感覚』。正直なところ、映像を観るまではオリジナルじゃないと意味が無いと思っていた。しかし巨大な映像でここまで迫られると、描かれた人々や景色がそこに存在する様な臨場感で、未知なる没入感に浸ることとなった。 オリジナルを前にしてもこの感覚は絶対に味わえない。小さな紙に向き合った絵師の息遣いや想いが、時を経て動き出した。瀧本幹也(写真家 / 映像作家)

本展のみどころ

超高精細デジタルリマスターが明らかにする、浮世絵の真実

アルステクネが開発した独自のDTIP(超高品位3次元質感記録処理技術)により、浮世絵を3Dデータとして組み上げ、20億画素の超高精細なデジタルリマスター化を実現。葛飾北斎、歌川広重が表現した微細な凹凸などの技巧はもちろん、和紙の繊維一本一本(0.05mm程度)の質感までも立体的に復元する。

adf-web-magazine-fujiart-massive-screen-projection-2.jpg

葛飾北斎《冨嶽三十六景凱風快晴》所蔵:山梨県立博物館

超細密データ画像の巨大映像化で描く圧巻の金世界

最新デジタル撮影技術と多分割データ画像処理技術によって、金屏風や金襖絵の金箔、切箔、金砂子、金泥などの素材や表現の緻密な違いまでも再現。俵屋宗達や尾形光琳、伊藤若冲たちが細密に描写し綴られている物語が鮮やかに蘇る。

 adf-web-magazine-fujiart-massive-screen-projection-3.jpg

会場イメージ

3面ワイド45m巨大スクリーン映像と音楽のコラボによる未知のアート体験

メイン会場は、3面ワイド45mスクリーンによる圧巻の巨大映像空間。先進デジタル技術と高輝度4Kプロジェクター複数台を駆使した映像と、音楽のコラボレーションによる大スペクタクルを体験できる。また、解説シアターでは超高精細デジタル画像で作品の緻密な部分が拡大表示され、ナレーション(英文字幕)がわかりやすく解説。さらに、超高精細デジタル画像によるDigital北斎×広重コーナーでは、《冨嶽三十六景》と《東海道五拾三次》からベストセレクション58作品が大型モニター12台の大型モニターで紹介される。

adf-web-magazine-fujiart-massive-screen-projection-1.jpg

会場イメージ

日本美術史を飾った五大絵師の代表的な傑作を超高精細デジタル画像で公開

五大絵師の代表的な作品をはじめ、同時代の豪華絢爛(けんらん)な金屏風など、全42作品をラインナップ。上映作品が毎日入れ替わるダブルプログラムで行う。

五大絵師の主な作品

葛飾北斎:冨嶽三十六景《神奈川沖浪裏》《凱風快晴》《山下白雨》他
歌川広重:東海道五拾三次《日本橋 朝之景》《蒲原 夜之雪》《庄野 白雨》他
俵屋宗達:国宝《風神雷神図屏風》 国宝《源氏物語関屋澪標図屏風》
尾形光琳:重要文化財《風神雷神図屛風》《菊図屏風》《雪松群禽図屏風》
伊藤若冲:重要文化財《仙人掌群鶏図》《百花の図》

開催概要

展覧会名「巨大映像で迫る五大絵師−北斎・広重・宗達・光琳・若冲の世界−」
会期2021年7月16日(金)から2021年9月9日(木)まで
開館時間午前10時30分~午後7時30分 ※入館は閉館の60分前まで
会場大手町三井ホール(東京都千代田区大手町1-2-1 Otemachi One 3F)
チケット購入プレイガイドで前売チケット以下2種類を販売
  1. 期間中有効平日フリー入場券
    有効日:2021年7月19日(月)から2021年9月8日(水)までの平日
  2. 土日祝及び開幕日(7/16)/最終日(9/9)日付指定券
    有効日: 2021年7月17日(土)から2021年9月5日(日)までの土曜・日曜・祝日、および7月16日(金)・ 9月9日(木)
※会期前・会期中に限らず、各日付は完売次第、販売終了
※本展はダブルプログラムのため、公式ウェブサイトにて希望日の上映作品を確認の上購入。
販売サイトローソンチケット(Lコード:30303)
チケットぴあ(Pコード:期間内有効 993−198/日付指定券 646−456)
イープラス

pwa