福岡「010 BUILDING」に世界が注目する食体験が集結

2022年12月1日(木)に福岡市博多区に開業予定の食とエンターテイメントを融合したカルチャー発信の複合施設「010 BUILDING」(ゼロイチゼロ ビルディング)に、世界トップクラスのシェフ福山剛とガガン・アナンドがタッグを組んだ初の実店舗「GohGan」、福山剛が西中洲から移転する「Goh」、そして世界一のバーテンダー金子道人がプロデュースする「BAR 010」がオープンする。なお、本ビルのイマーシブシアター「THEATER 010」内での料理も「GohGan」が提供する。adf-web-magazine-010-building-gohgan-goh-5

新しい形のファインダイニング 「GohGan」

「GohGan」は、福岡・佐賀版ミシュランガイドで星付きレストランに選ばれた『ラ・メゾン・ドゥ・ラ・ナチュール・ゴウ』のオーナーシェフで、「アジアのベストレストラン50」にも度々選出された福山剛と、同じく「アジアのベストレストラン50」で4度の1位に輝いたバンコクの伝説的レストラン『Gaggan(ガガン)』のオーナーシェフ ガガン・アナンドがタッグを組んだ初めての実店舗。adf-web-magazine-010-building-gohgan-goh-4

2014年に出会って以来、互いを尊重し刺激し合う二人のシェフは、年に3回はコラボレーション企画「GohGan」としてポップアップを開催してきたが、いよいよこの度、ここ福岡の地に店舗をオープンすることになった。フレンチをベースにした斬新で独創的な福山のアイディアと、インド料理のスパイスと自由な発想のガガンが織りなす料理たちは、常にエンターテイメントにあふれ、驚きをもたらすだろう。adf-web-magazine-010-building-gohgan-goh-7

施設の1Fに位置する「GohGan」は、ライブ感の伝わるオープンキッチンを見ながら楽しめる室内の54席に加え、川沿いのテラス席19席を備えている。また、「月に1回程度は、様々な料理人を招いてポップアップ企画を行うことも検討しています。互いに技術力と発想力を高め合う場所にもしていきたい(福山)」とも語っており、クリエイティビティの発信地としての役割も担うことになる。

adf-web-magazine-010-building-gohgan-goh-1

010 BUILDING

アップデートされた「Goh」

3Fに登場するのは「Goh」。20年間続けた西中洲「La Maison de la Nature Goh」を閉店し、福山剛が010 BUILDINGで再始動する「Goh」では、コース料理とドリンクのペアリングだけでなく、シェフがプレゼンテーションを行い来店したお客さまだけに特別な空間と瞬間を楽しむことができるレストランとなる。ひとつの大きなテーブルで、みんなが料理を楽しむターブル ドットスタイルは、昨今世界中のトレンドにもなりつつあり、友人の家に招かれたような感覚で料理とドリンクを堪能できる。新しい「Goh」では、これまでのメニューを全て一新。九州各地の生産者を訪れて、それぞれの料理に合った最適な食材を取り入れた。福岡・九州でしかできない、特別な食体験を「Goh」で。

※「Goh」のグランドオープンは2023年1月11日を予定adf-web-magazine-010-building-gohgan-goh-9

本格カクテルを楽しめる「BAR 010(バー ゼロイチゼロ)」

バーテンダー世界大会「WORLD CLASS 2015」でBARTENDER OF THE YEARに選ばれ、世界一のバーテンダーとして知られる金子道人プロデュースの「BAR 010」。本格カクテルはもちろん、プレミックスカクテルやノンアルコールカクテルなど、これまで福岡ではあまり浸透していない新しいメニューを提案する。今回、「BAR 010」オープンのために金子が開発したシグネチャーカクテル「010 」は、Sustainableな材料を使ったフルーティかつ切れ味があるカクテル。来店の際には是非試してほしい一品だ。adf-web-magazine-010-building-gohgan-goh-2

店内インテリアの特徴となるリボンのデザインは本建物 010 BUILDINGの外装デザインにインスパイアされ、かつ本建物に入居する各店舗を繋ぐ役割でありたいという意味を込めている。世界と福岡をつなぐ場所であり、客とスタッフをつなぐ場所であることも意味する。店舗運営は、地元中洲の人気バー「バー シャルジェ(La Barre Charager)」のオーナーバーテンダー池田繁樹が担うほか、4名のワールドクラスのバーテンダーがオリジナルメニューをBAR 010 のために開発した。

adf-web-magazine-010-building-gohgan-goh-3

金子道人の代表作カクテル「Colorless カラーレス」

福山 剛 プロフィール

1971年福岡県生まれ。高校時代からフランス料理の道に進み、福岡「イル・ド・フランス」、「マーキュリーカフェ」で修業した後に2002年、西中洲に自身の店「ラ メゾン ドゥ ラ ナチュール ゴウ」をオープン。2016年に「アジアのベストレストラン50」に初めてランクインの後、2018、2019、2020、2021、2022年ランクイン。adf-web-magazine-010-building-gohgan-goh-10

ガガン・アナンド (Gaggan Anand)プロフィール

インド生まれのセレブリティシェフ、ガガン・アナンドは、アジアで最も多くの賞を受賞しているシェフ。バンコクのレストランは「アジアのベストレストラン50」で過去4回1位を獲得しており、世界で最も有名なインド人シェフである。adf-web-magazine-010-building-gohgan-goh-11

金子道人 プロフィール

バーテンダーとして、13年間修行を積み、2011年に自身の店「LAMP BAR」をオープン。世界最大のバーテンダーコンペティション「ワールドクラス2015」に日本代表として参加。カクテルへの深い造詣とオリジナリティが評価され、世界チャンピオンに輝く。「LAMP BAR」は「アジアのベストバー50」の2022年20位にランクイン。adf-web-magazine-010-building-gohgan-goh-8

池田 繁樹 プロフィール

adf-web-magazine-010-building-gohgan-goh-6

2012年 九州一の歓楽街・中洲に「バー シャルジェ(La Barre Charger)開店。日本ソムリエ協会認定 ソムリエ/日本キューバ・シガー教育協会認定 シガーマネージャー/ブルーベルジャパン認定 ダビドフ シガーソムリエ/日本テキーラソムリエ協会認定 テキーラマエストロ


pwa