Doxp9SVcBa8

サステナビリティの発想から生まれた個性的なデザイン

ブラジル南東部にある計画都市、ベロオリゾンテで人気の市街地サヴァスに建てられた住居棟「Casamirador」。その大胆な外観は、ランドスケープの中でもひと際目立っている。14戸のロフト住居と24のスタジオを備えた9階建の建物は、わずか12.7mの幅の狭い土地に建てられている。必要な距離を保ちながらも容積率の課題をクリアすることで、この独特なデザインが生まれている。

adf-web-magazine-casamirador-gisele-borges-arquitetura-4

Photo credit: Crédito da foto: Juliana Berzoini

サステナブルで審美的なソリューション

この特殊な立地により新たな創造性が解き放たれ、プロジェクトを特徴づける要素が誕生した。服を着せるように、建物全体を「第2の外皮」で覆ったのである。外皮の素材は赤茶色のアルミニウムで、この地(ミナスジェライス州)の鉄鋼業による繁栄を思わせる。

adf-web-magazine-casamirador-gisele-borges-arquitetura-18

Photo credit: Crédito da foto: Pablo Gomide

透過性と明るさを保つために、アルミのシートには異なるサイズの穴を開けている。穴は、非対称でありながらも調和を重視した配置で並べられている。穿孔により、内側から外の景色を臨むことがことができるが、外からは中の様子が見えない仕組みになっており、住民のプライバシーを守っている。また、このシートは、小さな窓を隠してくれるので、ファサードに現れる窓の数を減らして平面を多く持たせることができている。窓を構造に多く取り入れられることで、外との境界が薄まり、多くの光を採り込んで換気も行うことができる。ファサードに現れる窓のコンクリートの枠が、酸化したセフィア系の色味に程良いアクセントを加えている。

adf-web-magazine-casamirador-gisele-borges-arquitetura-7

Photo credit: Crédito da foto: Leon Myssior

adf-web-magazine-casamirador-gisele-borges-arquitetura-23

Photo credit: Crédito da foto: Pablo Gomide

この外皮スクリーンは、建物内の温度調整にも一役買っている。石造りの建物との間に一定の空間を保って設置されているため、適切な換気と日陰を提供することができる。本プロジェクトにおけるあらゆる選択では、サステナビリティが常に重視された。限られた敷地面積により、太陽光パネルや空調設備を備えるだけの充分な屋上スペースが確保できず、建物に入る熱をいかにして抑えるかが大きな課題であった。

adf-web-magazine-casamirador-gisele-borges-arquitetura-16

Photo credit: Crédito da foto: Leon Myssior

ピラミッド型の形状とシンプルなファサード

遠くからでも目を引く先細りのピラミッドのような形状は、空調設備などの機械装置を設置する場所を確保するための解決策になった。石造りの建物と外皮との間にできたスペースにこれらの装置が組み込まれ、シンプルな外観が実現しているのである。

adf-web-magazine-casamirador-gisele-borges-arquitetura-17

Photo credit: Crédito da foto: Pablo Gomide

そして、建物を支える「V字」型の柱は、本プロジェクトのハイライトともなった。建物の地面との接地点がこの柱の一点に集約されている。これは、ブラジルを代表する建築家オスカー・ニーマイヤーの作品でも多く使われた特徴的な形状の柱に影響を受けたものである。

adf-web-magazine-casamirador-gisele-borges-arquitetura-15

Photo credit: Crédito da foto: Juliana Berzoini

最後に、ファサードを平坦に仕上げるために工夫されたのは、プレートの四辺を内側に折り、平坦でありながらも剛性を維持したところである。穿孔はランダムだが、接合部は揃えられ、大きさも均衡を保つように調整されている。階と階の間の接合点やスラブの直線との兼ね合いを考慮し、多くの実験を経て最適なプレート設計が決定された。

adf-web-magazine-casamirador-gisele-borges-arquitetura-20

Photo credit: Crédito da foto: Pablo Gomide

石造りの構造と外皮、そしてコンクリートの窓枠の3要素のみで構成された、至ってシンプルなファサードからは、独特の存在感が溢れ出ている。

adf-web-magazine-casamirador-gisele-borges-arquitetura-3

Photo credit: Crédito da foto: Juliana Berzoini

Gisele Borges Arquiteturaについて

Gisele Borges Arquiteturaは、30年の実績を誇るブラジルの建築デザイン事務所。建築、インテリア、都市デザインの専門家によるグループを率いるのは都市建築家のGisele Borges。住民が居場所を見つけ、根を下ろし、互いに結束できるような環境作りを目指して活動している。美とは強さと寛大さであると考え、地域の調和や改善を助ける建物作りを目指している。「シンプル」の意味を、「簡単」というよりは「最善のソリューション」と捉え、企業向けのプロジェクトや住居プロジェクトでの受賞歴もある。


pwa