建築家・隈研吾が設計した日本初のゼロエネルギーホテル「ITOMACHI HOTEL 0(ゼロ)」

半導体関連機器製造や再生エネルギー事業、地方創生・まちづくり事業を展開するアドバンテックと、「白井屋ホテル」「SORANO HOTEL」など国内外で話題のホテルの企画を多数手掛けてきたGOODTIMEは、このたび、建築家 隈研吾が設計を手掛けた日本初のゼロエネルギーホテル「ITOMACHI HOTEL 0(ゼロ)」(愛媛県西条市)を、2023年春にオープンすると発表した。adf-web-magazine-itomachi-hotel-0-kengo-kuma-1

日本初のゼロエネルギーホテルで脱炭素社会への取組みを加速

ITOMACHI HOTEL 0(ゼロ)が実現する「ゼロエネルギーホテル」では、ホテル運営において、実質的に電力エネルギーを消費しない。当ホテルは、日本国内のホテルで初めて、環境省が定める最高ランクの「ZEB」の認証を取得した。建物に省エネルギーと創エネルギーの機能を同時に備えることで、実質的な電力消費0を可能としている。adf-web-magazine-itomachi-hotel-0-kengo-kuma-3

建物用途別のエネルギー消費量において、ホテルは床面積あたりの電力使用量が飲食店に次いで2番目に高くなっており、ホテルの電力使用量を実質0にすることは、脱炭素社会を加速させる大きな可能性を秘めている。ゼロエネルギーホテルが増えることで、自然環境に負荷をかけることなく人の楽しみを創り出す、これからの時代の持続可能な観光及び宿泊体験を多くの人に届けることができるようになる。adf-web-magazine-itomachi-hotel-0-kengo-kuma-4

「新国立競技場」も手掛けた日本を代表する建築家 隈研吾が設計

ITOMACHI HOTEL 0(ゼロ)は、新国立競技場など数多くの世界的建築を手掛けた日本を代表する建築家、隈研吾が設計を担った。西条市の風景からインスピレーションを得た建築は、ホテル各棟をまたいでつながる大屋根に西条市のシンボルである石鎚山の山並みを表現するなど、西条ののびやかな自然と建築の洗練を感じる佇まいとなっている。

再生可能エネルギーでエネルギーの自給自足を行う「いとまち」に泊まる

当ホテルは、西条の新たな賑わい創出を目指し2020年に開業した「いとまち」の敷地内に建設される。既に開業している施設においても「ZEB Ready」の認証を取得しており、現在までにオープンしたマルシェ、レストランは、そこで生み出された電力を活用し運営している。また、マイクログリッドが確立された街区計画となっており、災害発生時は3日間800名分の非常用電源・水・食を提供できる防災拠点としての機能も併せもっている。西条に新たな活気を生み出すと共に、エネルギーの地産地消、「RE100」 に向けた取り組みなども行う「いとまち」は、持続可能な社会を実現するテクノロジーとヒト・モノ・コトの交流が生み出す、新たな地方創生の形といえる。

adf-web-magazine-itomachi-hotel-0-kengo-kuma-2

いとまち 全体マップ ※今後の開発予定施設を含む

「エネルギー・テクノロジー・グリーンインフラ・食・建築」をテーマに進化を続ける「いとまち」には、来春のホテル開業以降も、温浴施設、和食レストラン、住宅街区など、続々と新たな施設がオープンする予定。そんな「いとまち」に開業する当ホテルは「いとまち」全体を楽しんでもらえる「まち泊」を提供するホテルとして、「いとまち」を訪れる西条内外のヒト・モノ・コトの交流と賑わいを牽引し、西条の関係人口拡大に寄与していく。

開業の地は「水の都」愛媛県西条市

愛媛県西条市は、北に瀬戸内海、南に西日本最高峰の石鎚山を有し、名水百選にも選ばれた「うちぬき」と呼ばれる自噴水が街中に湧き出る水の都。豊かな自然と同時に四国屈指の農業・工業都市という側面も持つ西条は「2021年版 住みたい田舎ベストランキング」では全部門で全国1位を獲得するなど、美しい水・海・山・まちが揃った暮らしやすい田舎として、注目を集めている。

「ITOMACHI HOTEL 」施設概要

所在地愛媛県西条市朔日市字兵衛田250番7(地番
建物規模地上2階(南棟)/地上1階(北棟/東棟) 延床面積:2,999㎡(907坪)
付帯施設レセプションカフェ/キッチン付きコワーキングスペース /多目的スタジオ/ランドリー
客室数/カフェ席数57室(南棟50室/北棟7室)/35席
建築設計隈研吾建築都市設計事務所
開業2023年5月(予定)

pwa