『美術手帖』10月号、「アートの価値の解剖学」特集

2021年9月7日に発売された雜誌『美術手帖』10月号では、作品の価値がつくられるシステムを解明する「アートの価値の解剖学」を特集する。adf-web-magazine-bijutsu-techo-value-of-art-1

近年、新たなアートコレクターの登場や、オンラインのフェアやオークション開催が増え、アート市場は活況の兆しを見せているようだ。だが、しばしば高額な落札額に「なぜこれにそんな値段が?」「この作品にはどんな価値があるの?」と困惑することがある。その原因は、価格と価値がどんな関係性にあるのか、アートの価値がどんなシステムのなかでつくられるのか、そのプロセスが不透明だからではないだろうか。adf-web-magazine-bijutsu-techo-value-of-art-7

本号では、そうしたシステムを解明すべく、キュレーター、ギャラリスト、批評家といったプレイヤーたちが、それぞれの現場でどのように価値づくりを支えているのかを解説。さらに美術館や画廊、マーケットといったアート業界の現場で、いまどんな課題があるのかを明らかにし、これからのアートの価値とは何かを考えるヒントを提示している。adf-web-magazine-bijutsu-techo-value-of-art-2

「アートの価値」は、どんな文脈で使われるのかによって変わってくるもの。巻頭記事「アートの価値を知るための基礎知識」では、「アート」や「芸術的価値」がどんな意味で使われているのか、また価値とは、ひとつなのか多様なものなのか。多様なものだとしたらどうそれを判断するのかなど、多様な意味を整理する。adf-web-magazine-bijutsu-techo-value-of-art-4

次に、美術館やギャラリー、美術大学といったアートを支える現場では、どのようにアートの価値をとらえ、いまどんな課題に直面しているのかを座談会形式で議論。そこでは、現代美術のポピュリズム化への危機感と、マーケットから自律した批評の必要性、ギャラリーの役割の問い直し、大学教育における多様性、そして各現場間の連携の重要性といった論点が挙げられている。美術館、ギャラリーそれぞれのプレイヤーたちに取材をすることで、こうした問題点をさらに深掘りする。

adf-web-magazine-bijutsu-techo-value-of-art-8

そしてつねにアーティストと並走しながら、日本の社会に現代美術を根付かせてきたギャラリストたちにも取材。東京画廊やSCAI THE BATHHOUSE、Take Ninagawaの代表が、戦後から現代に至るまで、アートのインフラをどのように整えてきたのか、それぞれの歩みを語る。さらに、アートの商業的側面ばかりが注目されがちないま、制度の見直しや作品とコレクターとをつなぐ新たな取り組みの必要性を語る。

adf-web-magazine-bijutsu-techo-value-of-art-5

後半では、ギャラリストが作品に価格をつけるプロセスについて、海外の数百のギャラリーを取材した経済社会学者の視点から解説。また、現代美術のマーケットの中心を担うニューヨークでは、ギャラリスト、コレクター、美術館キュレーターらがどのような関係性を持ちながら、アートの価値を形成してきたのかを詳細にレポートする。adf-web-magazine-bijutsu-techo-value-of-art-9

既存のアートのシステムを前提とした特集となっているが、その背後にある文化政策の実態と課題についても分析。真の意味でアート業界全体を活性化するには、作家の社会的地位向上に取り組むことこそが課題ではないかといった指摘がなされている。adf-web-magazine-bijutsu-techo-value-of-art-6

特集内容

「アートの価値」を象徴する作品とは? Part1

Part 1:

アートの価値の意味を知るための基礎分析:森功次=文

座談会:アートの価値を支えるシステムにいま何が起きているのか?:荒木夏実×藪前知子×竹村京×福住廉×菊竹寛

美術館の役割とコレクションの価値基準とは?:副田一穂=解説

陽炎の美術批評:福住廉=文

パンデミック下での美術館と地域社会の関係とは?:岩崎仁美インタビュー

インタビュー:日本のギャラリーはどう現代美術の価値を根付かせたか? 東京画廊/SCAI THE BATHHOUSE/Take Ninagawa

コラム:美術作品の教材化の功罪 森功次=文

Part 2: 

美術作品の価格はどう決まるのか?:陳海茵=構成

ヴェロニク・シャンニョン-バークに聞く:近現代のアート界におけるエコシステムの変遷

豊かな美術館コレクションはどうつくられるか?:藤高晃右インタビュー

ジェリー・ゴゴシアンに聞く:Instagramから見るアートワールドの表と裏

文化政策はアートシーンを活性化できるか?:作田知樹/林保太/綿江彰禅

「アートの価値」を象徴する作品とは? Part2

Part 3: 

座談会:アート業界の労働環境をフェアにするために:青木彬×川久保ジョイ×吉澤弥生

多様な価値軸で生きる作家の「美術」の担い方:久保寛子+水野俊紀/名もなき実昌/MES/塩見允枝子/qp/梶井照陰/ガタロ/結城唯善

[『美術手帖』2021年10月号

発売日2021年9月7日(火)
定価1600円+税
発売美術出版社
『美術手帖』公式サイトhttps://bijutsu.press/books/4842/