8   +   2   =  

IDÉE TOKYO「民藝のあわい」展

IDÉE TOKYOに併設するIDÉE Galleryでは、2020年10月23日(金)から11月24日(火)まで、「民藝のあわい」展を開催する。本展では、毎年開催される日本民藝館展に作り手ではなく配り手として出品し続ける立場という共通を持つ、工藝店の高木崇雄、クラフトバイヤーの日野明子、OUTBOUND / Roundaboutの小林和人の三者が、民藝とその周縁をグラデーションの様に繋ぐ「間|あわい」の品々とともに、民藝とはなにかを改めて考え、問い直す。

adf-web-magazine-mingei-idee

〈民藝〉は、決して定義づけられるものではありません。けれど、〈民藝〉をものさしとしている人・モノに接するとわかります。「なにが民藝かわかる」のではなく、「実は自分はわかっていたことがわかる」のです。狭っくるしい枠を守ることが〈民藝〉を特権的なものとする手段なのではないはずです。今という時代において何を、誰を肯定できるのか、〈わかる〉のかを確かめてゆく試みこそが〈民藝〉を自分の、そして皆のものにする手立てなんじゃないかな、と思うのです。

工藝風向 高木崇雄

「民藝のあわい」展

会期2020年10月23日(金)~11月24日(火)
会場IDÉE TOKYO 併設 IDÉE GALLERY 
住所東京都千代田区丸の内1-9-1 JR東日本東京駅構内 グランスタ東京 B1F
入場無料