Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

日経と英FTが日本のトップクリエイター集団「ライゾマティクス」とコラボ

日本経済新聞社と英フィナンシャル・タイムズ社が、メディアアート分野における日本のトップクリエイター集団ライゾマティクスと組み、暗号資産と環境負荷をテーマにした映像作品「Watt is Money?」を発表する。「データジャーナリズム」や「ビジュアルジャーナリズム」に力を入れてきた日経と、アーティストとのコラボによる映像コンテンツをシリーズ展開してきたFTがタッグを組み、ビジュアルジャーナリズムの新たな領域に挑む。本作は、2022年9月27から28日の2日間、東京・表参道のイベントスペース「WALL&WALL」で先行公開後、日経電子版FT.comにそれぞれ掲載される。

adf-web-magazine-watt-is-money-nikkei-ft-rhizomatiks

“Watt is Money?” (2022) Visual created by rhizomatiks

本作品「Watt is Money?」は、暗号資産(仮想通貨)の代表格である「ビットコイン」の採掘(マイニング)に必要な電力消費量とその環境負荷に焦点をあてた映像作品。制作にあたっては、世界各地でおこなわれているマイニングの電力消費量に関する独自のデータベース「Cambridge Bitcoin Electricity Consumption Index」を公開している英ケンブリッジ大学オルタナティブ金融センター(CCAF)の協力を得ている。そもそもマイニングとは何か、なぜ大量の電力を必要とするのかといった疑問についてもわかりやすい説明を試みている。

日本経済新聞社は近年、多様なデータを分析してニュースをあぶり出す「データジャーナリズム」や、動画や地図情報、衛星写真などを駆使した「ビジュアルジャーナリズム」に力を入れてきた。FTは4年前から外部のアーティストとのコラボレーションによる映像コンテンツを「FT Standpoint」シリーズとして展開しており、今回はその最新作となる。

日本での先行公開を皮切りに、ロンドンとニューヨークでも展示イベントを開催する予定。

ライゾマティクスについて

ライゾマティクスは、技術と表現の新しい可能性を探求し、研究開発要素の強い実験的なプロジェクトを中心にハード・ソフトの開発からオペレーションまで、プロジェクトにおける全ての工程に責任を持ち、人とテクノロジーの関係について研究しながらR&Dプロジェクトや作品制作を行うアーティスト、デザイナー、エンジニアによるクリエイティブチーム。外部のアーティストや研究者・科学者などとのコラボレーションワークを通じ、カッティングエッジな表現作品、研究を世の中に発表している。

「Watt is Money?」先行公開概要

会場WALL&WALL(東京都港区南青山3-18-19 フェスタ表参道ビルB1F)
会期2022年9月27日(火)11:00~18:30、9月28日(水)11:00~18:00
入場無料

 


pwa