FAzj9oJF52k

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

東北芸術工科大学が主催する芸術祭、山形ビエンナーレ2020が9月5日(土)13:00よりスタート

2020年度の山形ビエンナーレは、すべてのアートイベントプログラムが公式webサイトを通して、2020年9月5日(土)から27日(日)までオンラインで開催される。公式サイトをプラットフォームとして各プロジェクトごとのYouTubeチャンネルを開設し、そこからオンデマンドおよびLIVE配信する。7つのプロジェクトから約140個のプログラム配信が予定されており、約90組のアーティストが参加する。

adf-web-magazine-yamagata-biennale-2020

「みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ」は、東北芸術工科大学が2年に1度主催する芸術祭で、今年で4回目を迎える。過去3回、山形市内を舞台に様々な芸術作品、活動を発表してきた。今年度、アートは生命維持に必要不可欠と唱える医師の稲葉俊郎を芸術監督に迎え、テーマを「全体性を取り戻す芸術祭」とした、アートを衣食住と同列に捉え、多ジャンルのプログラムを発表する。

青葉市子、高野寛、中納良恵などミュージシャンのライブをはじめ、映像、演劇やトークショーなどエンターテイメント性の高いものから、現代美術作品の公開や陶器作品の販売など、アートを深く知り、触れられる企画までオンラインで楽しめる内容となっている。

adf-web-magazine-yamagata-biennale-2020-1

茂木綾子『ちいさな惑星 ~循環するわたしたち~』

adf-web-magazine-yamagata-biennale-2020-2

青葉市子ポートレート

adf-web-magazine-yamagata-biennale-2020-3

10年の器・10年の菓子

「みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ2020」概要

会期2020年9月5日(土)~27日(日)
※会期中の金・土・日・祝日にライブ配信あり。
※開幕から蓄積される各プログラムのアーカイブは、一部を除いて随時オンデマンドで視聴・閲覧が可能です。
参加料無料(一部のプログラムは有料)
URLhttps://biennale.tuad.ac.jp/

pwa