Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

新しい民泊でブランドやアーティストの世界観を体感

渋谷区を中心にユニークな住宅宿泊事業(民泊)などを手がけるロクヨンは、ブランドやアーティストのファンが泊まってその世界観及び作品を堪能、そして体験できる新しい民泊事業をスタートする。adf-web-magazine-yadosu-jingumae-1

事業開始にあたって、ロクヨンは渋谷区神宮前に所有するマンション「Yados神宮前」を大規模リニューアル。Yados神宮前にて、202号室では各界若手アーティストが月替わりで出展する「原宿夜ふかしアート展」を、301号室においては家具店が始める民泊「セカイクラス」を順次スタートする。施設名「Yados」には宿泊ゲストが[”宿す”る」、また、入居するブランドが空間に世界観を「宿す」の二つの意味が込められている。adf-web-magazine-yadosu-jingumae-3

Yados神宮前は、ECサイト/SNS等のオンライン空間や、実店舗、個展のような従来のオフライン空間とは異なる、『宿泊空間』という場で新たな体験価値を提供し、ブランド価値創造、顧客コミュニケーションを向上する新しいプラットフォームを目指す。また、沢山のブランドショップが立ち並ぶ原宿エリアにおいて、実店舗と連携することで、宿泊と購入・体験が連動したユニークなまちの機能を創造し、原宿のまちの活性化に努める。

Yados神宮前202号室 「原宿夜ふかしアート展」 

『民泊×アーティスト』 泊まれる個展

202号室では「夜ふかしアート展」として1~2か月毎にイラストレーター、動画クリエイター、フォトグラファー等のアーティスト/クリエイターとのコラボレーションを行い、各々のファンに向けた期間限定の宿泊空間を提供する。adf-web-magazine-yadosu-jingumae-2adf-web-magazine-yadosu-jingumae-4

「夜ふかしアート展」 出展予定アーティスト
CHiNPAN

会期:2021年4月23日(金)~5月30日(日)

2008 年 国立新美術館「アジア創造美術展」への入選をきっかけに水墨画家としてのキャリアをスタート。「融合」をテーマに、紙だけに留まらず水墨表現の可能性を追求している。店舗内装やファッション、音楽関連のビジュアル制作等、幅広く活躍中。adf-web-magazine-yadosu-jingumae-5

BANBU

会期:2021年6月4日(金)~7月19日(月・祝)

現在24 歳、国内のアートの専門学校を卒業後、カナダ、ニューヨークへのアート留学を経て東京を中心に活動。三つ目の青いキャラクターモチーフを反復し使用するカラフルでキャッチーなグラフィックで、現代の多様性を訴える。adf-web-magazine-yadosu-jingumae-6

※予約や最新情報は、特設ページにて参照。

Yados 神宮前301 号室 「セカイクラス」

『民泊×ファニチャー』 Japan Black をコンセプトとした日本の素材が生み出す黒の空間

左官や漆喰によって作り出される、極限まで削ぎ落とされたジャパンブラックな空間。そんな閑かな空間に、世界中から集められたヴィンテージ家具やアートが配置され、“世界の暮らし”に触れ合うことのできる空間が誕生。展示されている家具や雑貨、アートなどは全て購入可能で、実体験を通じた新しい小売の提案も行う。家具やアートは定期的に入れ替えを行い、常に新たな発見を楽しめる空間になる。adf-web-magazine-yadosu-jingumae-7adf-web-magazine-yadosu-jingumae-8


pwa