Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

オンラインプロジェクト「Encounter with Artavazd Pelechian」を公開 - 伝説的な映画監督に光を当てる

カルティエ現代美術財団は、Artavazd Pelechian Nature展の一環として、伝説的な映画監督に光を当てたオンラインプロジェクト「Encounter with Artavazd Pelechian」(アルタヴァスト・ペレシャンとの出会い)をウェブサイトにて公開する。このプロジェクトは、アーティスト自身との緊密な協力によって実現し、アルタヴァスト・ペレシャンを取り上げるフランス初の展覧会となる。映画評論家のSerge Daney (セルジュ・ダネー)が「映画史におけるミッシングリンク」と評した、アルタヴァスト・ペレシャンという輝かしく比類のない映画監督の生涯と作品を探る。ペレシャンがアルメニアで生まれてから2020年にカルティエ財団で初公開された新作「Nature」を制作するまでのマイルストーンを振り返るとともに、これまでの10本の映画作品に加え、貴重な文書や歴史的な写真、アート、映画関係者からの寄稿や投稿が紹介される。

adf-web-agazine-cartier-encounter-with-artavazd-pelechian-2

Encounter with Artavazd Pelechian ©Cartier

adf-web-agazine-cartier-encounter-with-artavazd-pelechian-3

Encounter with Artavazd Pelechian ©Cartier

映画監督のLeos Carax (レオス・カラックス)は、ペレシャン映画への称賛を示し、シンガーのPatti Smith(パティ・スミス)は、2014年にカルティエ財団で上映された彼の作品にインスパイアされ、コンサートの中でオマージュを捧げた。また、映画監督のPietro Marcello(ピエトロ・マルチェッロ)は、ペレシャンのビデオポートレートを新たに編集している。カルティエ財団は、他のアーティストや思想家たちからも、ペレシャンへのメッセージを短い動画や手紙の形で集めている。展覧会の開幕に際し、映画監督のアトム・エゴヤンやアンドレイ・ウジカ、アーティストのサラ・ジー、メリク・オハニアン、ギジェルモ・クイッカ、哲学者のエマヌエーレ・コッチャらから、自宅やカルティエ財団で撮影したビデオメッセージが寄せられた。それらはアルメニアにとどまり続けた映画界の巨匠に対する称賛と尊敬を表している。このオンラインプロジェクトでは、ペレシャンの生涯やキャリアの節目となる出来事や映像、アーカイヴ資料に関する情報を、毎週ソーシャルメディアで配信。異彩を放つこの映画監督と、その叙情的でタイムレスな作品を取り巻く謎を明らかにする。

アルタヴァスト・ペレシャン「Nature」展

会期2021年4月25日(日)まで
URLhttps://www.fondationcartier.com

pwa