Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

持続可能な未来に向けた展示を実施

LEXUSは2022年6月6日 (月)から6月12日 (日)まで、イタリア・ミラノで開催される世界最大のデザインイベント「ミラノデザインウィーク」に出展することを発表した。2005 年の初出展以来、フィリップ・ニグロ、ネリ・オックスマン、藤本壮介、ライゾマティクスなどのアーティストとのコラボレーションを通し、LEXUSの価値観やビジョンにインスパイアされた数々の新しい体験を生み出してきた。

adf-web-magazine-lexus-sparks-tomorrow-1

本年の「LEXUS: Sparks of Tomorrow」はLEXUSの人間中心で未来志向のデザインへのアプローチにインスパイアされた3つの企画から構成され、数多くの受賞歴をもつ建築家でデザイナーのジャーメイン・バーンズによるインスタレーション、国際的デザインコンペティション「LEXUSDESIGN AWARD 2022」のファイナリスト6組のプロトタイプ作品展示、そしてロイヤル・カレッジ・オブ・アートの大学院生による未来のモビリティをテーマとしたコンセプトデザイン展示となっている。

インスタレーション概要

ジャーメイン・バーンズ氏はデザインマイアミ2021で発表した、LEXUS の電動化ビジョンからインスパイアされたインスタレーション「ON /」のコンセプトを引継ぎながら、ミラノデザインウィークではLEXUS初のバッテリーEV 専用モデルである「RZ」をモチーフにインスタレーションを進化させている。1 / 1 スケールで立体的に再現され、光を放ちながら地上に降り立とうとしているRZは持続可能な未来の到来を表現している。自然からインスパイアされた芸術的な手作りライトを制作するアクア・クリエイションズ(Aqua Creations)の照明コレクション「Code 130 °」のカラフルなペンダントライトがRZを取り囲み、視覚的にもダイナミックでかつインタラクティブな体験を可能とする。

adf-web-magazine-lexus-sparks-tomorrow-2

LEXUS DESIGN AWARD 2022 入賞作品の展示

「Lexus: Sparks of Tomorrow」ではインスタレーションに加え、世界のクリエイティブ・コミュニティから注目を集めるミラノデザインウィークの場で次世代を担うデザイナーがそれぞれの未来に向けたアイデアを披露。「LEXUS DESIGN AWARD 2022」の入賞6 作品のプロトタイプ展示。「DESIGN FOR A BETTER TOMORROW」をテーマに世界中から寄せられた応募作品の中からLEXUS が掲げる3つの基本原則「Anticipate(予見する)」、「Innovate(革新をもたらす)」、「Captivate(魅了する)」、そして「Enhance Happiness(そのアイデアがいかに人々に幸せをもたらすか)」を具現化する、豊かな社会とより良い未来を創造するためのアイデアが選出された。受賞者6組は約3カ月間にわたり世界の第一線で活躍するメンター4名から直接指導を受け、アイデアをブラッシュアップしながらプロトタイプ制作を行ってきた。そして最終審査が行われグランプリ1組が2022年5月12日(木)にオンラインで公開される。

RCA学生による次世代モビリティコンセプトの展示

LEXUSとロンドンのロイヤル・カレッジ・オブ・アート(RCA)によるクリエイティブ・プログラム「2040:The Soul of Future Premium」より生まれた、次世代を担うデザイナーたちによる、先鋭的でラグジュアリーなモビリティコンセプトも紹介される。21世紀半ばに向けてラグジュアリーモビリティがどのように進化するかを考えるこのプロジェクトは、2021年9月LEXUSとアート・デザインの世界最高峰の研究機関一つであるRCAとのコラボレーションで始まった。RCAの学生たちはヨーロッパにおける都市生活、社会、人口構成の変化等に対応するための新しいモビリティがどうあるべきか、そしてその中でLEXUS が果たすべき役割はどう変わっていくのかを考え、デザインと研究の双方において卓越したRCAのインテリジェント・モビリティ・デザイン・センターで学ぶ20名の大学院生から生まれた独創性あふれるコンセプトデザインが展示される。

INTERSECT BY LEXUS ‒ TOKYOでの連動インスタレーション

ミラノデザインウィークに先駆け、2022年5月25日 (水)より、東京・青山にあるLEXUS のブランドスペース「INTERSECT BY LEXUS - TOKYO」において、デザインマイアミ2021でのジャーメイン・バーンズによるインスタレーション「ON /」を一部再構成した展示を行う。次世代LEXUSを象徴するBEV(電気自動車)コンセプトカー「LF-Z Electrified Concept」をモチーフにLEXUSが描く電動化とカーボンニュートラルな未来を表現している。

LEXUS DESIGN AWARD について

2013年に創設されたLEXUS DESIGN AWARDは世界中の新進気鋭のクリエイターに焦点を当てる国際デザインコンペティション。より良い未来を形成する力を持った作品を制作するデザイナーやクリエイターを支援することによって社会に貢献するアイデアを育むことを目的としている。同アワードは世界的に認知された一流のデザイナーをメンターとして提案したデザイン案のプロトタイプ化に取り組む貴重な機会を6組の入賞者に提供する。

「LEXUS: Sparks of Tomorrow」開催概要

日時2022年6月6日 (月)から6月12日 (日)まで 11:00~21:00
会場スーパースタジオ・ピュー内アートポイント(Superstudio Più)
展示
  • 建築家でデザイナーのジャーメイン・バーンズとコラボレーション
  • LEXUS DESIGN AWARD 2022 入賞作品を展示
  • ロイヤル・カレッジ・オブ・アートの学生によるコンセプトデザインを展示
  • INTERSECT BY LEXUS – TOKYOでも連動インスタレーションを実施

pwa