Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

ソニー、三者対話ライブ「trialog vol.10 - クリエイターと社会のディスタンス -」を開催

ニューノーマル時代に新たな価値を生み出すクリエイターたちの深層思考に迫る三者対話ライブ「trialog vol.10 -クリエイターと社会のディスタンス-」が2020年10月10日(土)19:00より、完全オンラインで開催。ソニーが黒鳥社のコンテンツ・ディレクター若林恵と共に次世代のクリエイターの育成を推進する「Sony Creators Gate」の取り組みとして行われる対話ライブ。ゲストに、PERIMETRON 神戸雄平氏、SIE 吉田修平氏、THU創設者 アンドレ・ルイス氏らが登壇する。

adf-web-magazine-sony-creators-gate-1

今回のtrialog∗では、これからの時代に向けてプロトタイプに挑むクリエイターと、新しい価値を生み出そうとしているソニーのプロジェクトや事業に関わるキーパーソンが、 「クリエイターと社会のディスタンス」というテーマで、4つのセッションを通して議論する。∗trialog(トライアログ)とは、異なる立場の三者が次世代に向けた“対話”を行う為のプラットフォーム。

セッション1では「エッセンシャルとは何か」、セッション2では「クリエイターをどうエンパワーメントするか」、セッション3では「クリエイターのアクション」、セッション4では「クリエイターとデジタルプレイス」をテーマに、コロナ禍を通して大きく変化した社会におけるクリエイターのあり方をゲストと共に考える。

当日は、Sony-Stories公式Twitterアカウントtrialog公式Twitterアカウントにてイベントの模様をライブ配信。その他詳細については、trialog 公式WEBサイトを参照。

トークセッション

SESSION 1
Essential|エッセンシャルとは何か

コロナ禍において盛んに叫ばれた不要不急という言葉。身の回りのことの価値が推し測られ、場合によっては切り捨てられる困難な社会状況を経て、暮らしにおけるエッセンシャルとは何かを考える。生活の中で欠くことができないこととは一体何なのか。それはどのように主張されるべきか。どんな形で支えられるべきか。医療従事者をインターネットで支えるエムスリーの山根有紀子、政府の自粛要請に対する助成を求めた署名活動 #SaveOurSpaceの発起人yahyelの篠田ミルと共に語り合う。

SESSION 2(選択式セッション)
Empowerment|クリエイターをどうエンパワーメントするか

クリエイティブ世界のエコシステムを考えるにあたって、プラットフォーマーとクリエイターの関係性は非常に重要だ。両者はいかに相互に刺激し、クリエイティブを拡張できるだろうか。世界中を熱狂させる「プレイステーション」プラットフォームで多様なゲームクリエイターと関係性を築いてきた吉田修平と世界を舞台に進化し続けるゲームクリエイターの水口哲也と共に、プラットフォーマーとクリエイターの関係性、さらにゲームというメディアが何をエンパワーメントできるのか、その可能性を探っていく。

SESSION 3(選択式セッション)
Action|クリエイターのアクション

コロナ渦で改めて問い直されることとなった、社会における「文化」や「クリエイティブ」の役割。様々な衝突・軋轢が溢れる社会において、クリエイターにしか紡げない言葉・表現とは一体なんなのか。DJ・ソングライターとして国内外で活躍しながら、アーティストのブッキング、イベント制作など幅広い分野で活躍するYonYonと、trialog共同企画者の若林恵がクリエイターのアクションについて再考する。

SESSION 4
Digital Place|クリエイターとデジタルプレイス

デジタル空間での参加型コンテンツが注目を集めている。ニューノーマル時代において、リアル空間が著しく制限を受ける中、デジタル空間のコンテンツは今後どのように進化し、どのような体験・価値が考えられるのか。クリエイターにとってはどのような場になっていくのか。ポルトガル発のクリエイティブコミュニティ「Trojan Horse Was Unicorn」ファウンダーのアンドレ・ルイス、デジタルアーティストとしてPERIMETRON、millennium paradeにて活動している神戸雄平、エンハンス代表の水口哲也がクリエイターとデジタル空間の今後について考える。

登壇ゲスト

篠田ミル|MIRU SHINODA

adf-web-magazine-sony-creators-gate-miru-shinoda

yahyelメンバー・署名活動「#SaveOurSpace」発起人。yahyelのメンバーとしてサンプラー/プログラミングを担当する傍ら、DJ/コンポーザーとしても活動。テクノを軸にインダストリアル〜ベース〜エクスペリメンタルを横断するハードなDJセットを模索している。また、プロテストレイヴ、D2021といったイベントの企画・運営を通じて社会問題や政治参加に関するメッセージの発信も積極的に行う。

山根有紀子|YUKIKO YAMANE

adf-web-magazine-sony-creators-gate-yukiko-yamane

エムスリー株式会社CaNoW(カナウ)事業部部長。東京大学卒業後、総合商社にて勤務した後、2017年にエムスリーに入社。各種新規事業立ち上げを行い、2019年には患者さんの願いを企業とのコラボレーションによって叶える「CaNoWプロジェクト」を発足。患者になってもやりたいことができる「選択肢」があることが重要と考え、日本最大の医療プラットフォームm3.comを活用しながら、企業ともに患者向け新サービスの開発も進めている。

吉田修平|SHUHEI YOSHIDA

adf-web-magazine-sony-creators-gate-shuhei-yoshida

ソニー・インタラクティブエンタテインメント インディーズ イニシアチブ 代表。1986年ソニー株式会社に入社、1993年2月に現SIEに参画。以降、「プレイステーション」プラットフォーム向けに発売された数々のソフトウェアタイトルをプロデュースし、2008年よりゲーム制作部門であるSIE ワールドワイド・スタジオ プレジデントに就任。「ゴッド・オブ・ウォー」、「アンチャーテッド」各シリーズの制作を担当。2016年10月に発売したバーチャルリアリティシステムPlayStation®VRの開発にも携わる。2019年11月よりインディーズゲームを推進するインディーズ イニシアチブ 代表に就任。

ヨンヨン|YonYon

adf-web-magazine-sony-creators-ate-yonyon

ソウル生まれ東京育ちというバックグラウンドを持ち、DJ、ラジオDJ、シンガーソングライター、プロモーター、としてマルチに活動するクリエイター。2012年にDJとしてキャリアをスタート。ジャンル・言語の垣根を越えて直感的に組み立てていく独自のミックス・スタイルを確立し、日・韓のみならずアジア、アメリカ、ヨーロッパの様々な都市のクラブや大型フェスなどに出演。また、日韓の音楽シーンを繋ぐキーパーソンとして「THE LINK」プロジェクトを立ち上げ、両国のプロデューサー、シンガーを楽曲制作という形で繋ぎ、自身も日本語と韓国語を交えた歌/ラップを披露している。

神戸雄平|YUHEI KANBE

adf-web-magazine-sony-creators-gate-yuhei-kanabe

 デジタルアーティスト。2018年に映像編集プロダクションを退社し独立後、PERIMETRONと合流。PERIMETRONやmillennium paradeで、主に3DCGを扱い活動中。Netflixにて独占配信されたアニメーション「攻殻機動隊 SAC 2045」のオープニングテーマとなったmillennium parade「Fly with me」のミュージック・ビデオは、全編がモーションキャプチャーの技術を用いたCGアニメーションで構成され、監督、アートディレクションを担当した。

アンドレ・ルイス|Andre Luis

adf-web-magazine-sony-creators-gate-andre-luis

Troian Horse was a Unicorn 創設者。Troian Horse was a Unicorn(通称THU)は、世界中のクリエイター達が"体験"を求めて集うグローバルなクリエイティブ・コミュニティ。 大学にて工業デザインを専攻後、大学院にてマーケティング・マネジメントの修士号を取得。デザインやマーケティング、ウェブ開発、コンピュータ・グラフィック領域といったキャリア・バックグラウンドを持ちつつも、これまでと違うこと、社会にとって有用であることへの興味、そして人々の生活に影響を与えることをしたいという願望が芽生え、2013年にTHU創設の考えに至る。 THUは、世界中にプロジェクトを持つグローバルな組織であり、デジタル・エンタテインメント産業に影響を与えながらも、クリエイティブ・コミュニティをサポートすることを目的としている。 

trialog代表 若林恵 プロフィール

adf-web-magazine-sony-creators-gate-kei-wakabayashi

若林恵|KEI WAKABAYASHI

blkswnコンテンツ・ディレクター。1971年生まれ。編集者。ロンドン、ニューヨークで幼少期を過ごす。早稲田大学第一文学部フランス文学科卒業後、平凡社入社、『月刊太陽』編集部所属。2000年にフリー編集者として独立。以後、雑誌、書籍、展覧会の図録などの編集を多数手がける。音楽ジャーナリストとしても活動。2012年に『WIRED』日本版編集長就任、2017年退任。2018年、黒鳥社(blkswn publishers)設立。

 trialog共同企画者 水口哲也 プロフィール

adf-web-magazine-sony-creators-gate-tetsuya-mizugushi

水口哲也|TETSUYA MIZUGUCHI

Enhance代表 / シナスタジアラボ主宰 。慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科(Keio Media Design)特任教授 。シナスタジア(共感覚)体験の拡張を目指し、研究・創作を続けている。ビデオゲーム作品「Rez」(2001)、「Lumines」(2004)、「Child of Eden」(2010)、「Rez Infinite」(2016)、 「Tetris Effect」(2018)などを始め、音楽を光と振動で全身に拡張する「シナスタジア・スーツ」(2016)、共感覚体験装置「シナスタジア X1–2.44」(2019)など、作品多数。 

trialog vol.10 開催概要

日時2020年10月10日(土)19:00~23:00
テーマクリエイターと社会のディスタンス
登壇者篠田ミル(yahyelメンバー)、山根有紀子(エムスリー CaNoW事業部部長)、吉田修平(ソニー・インタラクティブエンタテインメント インディーズ イニシアチブ 代表)、YonYon(DJ)、神戸雄平(PERIMETRON メンバー)、アンドレ・ルイス(Trojan Horse was a Unicorn ファウンダー)、水口哲也(Enhance代表/シナスタジアラボ主宰)、若林恵(blkswnコンテンツ・ディレクター)、and more…
視聴事前登録事前登録フォームリンク

pwa