Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

夜空の下での屋外上映も実施

三菱地所農林中央金庫日本経済新聞社日経BP等で構成される大丸有SDGs ACT5実行委員会は、今年度も大手町・丸の内・有楽町エリアを起点に、企業の枠を超えてSDGs活動を推進する「大丸有SDGs ACT5」を2022年5月9日より約7か月間をコア期間として開催。そのシンボルイベントとして、SDGsに通じるテーマの映画作品を集めた「大丸有SDGs映画祭2022」を2022年8月30日(火)から9月22日(木)まで開催する。adf-web-magazine-daimaru-sdgs-film-festival-1

「大丸有SDGs映画祭2022」の特徴

  • 世界の情勢を知るきっかけづくりとして、「難民」をテーマにした2作品を上映。オープニングイベントとなる『ソニータ』上映後のトークショーにはUNHCR親善大使のMIYAVIと国連UNHCR協会報道ディレクターの長野智子をゲストに迎え、”世界の今”を考える
  • 「大丸有SDGs映画祭」では初となる屋外上映会として、昨年7月にオープンしたTOKYO TORCH Parkでも開催
  • フィナーレは東京国際フォーラムを会場に、アカデミー賞3部門受賞した話題作『コーダ あいのうた』を上映
  • 3回参加のラリー特典として「エコファニ」のリユース家具等がもらえるキャンペーンも併せて実施予定

adf-web-magazine-daimaru-sdgs-film-festival-2
「大丸有SDGs映画祭2022」は、多くの人に親しみのある映画を切り口として、様々な社会課題に触れながら、その渦中にいる人たちのリアルな「顔」、「声」、「想い」に触れてもらう場を提供することを目的としている。昨年度は気候変動やフードロスをテーマとした全17作品を各回トークショー付きで上映し、約420名が参加。3年目となる本年は難民の少女ソニータが、結納金を目的にした強制結婚への怒りと、自由への願いをラップにこめて歌うドキュメンタリー『ソニータ』、スーダン内戦で両親や家を奪われた“ロストボーイズ”と彼らの新しい人生を支えた職業紹介所の女性との物語『グッド・ライ』など、世界の情勢を意識し自分事として考えるきっかけとなるような、難民問題を取り扱った映画もラインナップ。本映画祭は丸ビルや東京国際フォーラムのホールだけでなく、3×3Lab Futureのようなコワーキング施設や、昨年オープンしたTOKYO TORCH Parkでの屋外上映まで、まちの様々な場所を会場とする。また作品が取り上げる課題の現場に関わるゲストを迎えたトークショーも実施。映画祭が社会課題をより深く理解し、SDGs達成に向け個人の行動が変化するきっかけとなることを目指す。​

大丸有SDGs ACT5実行委員会

大丸有エリアに拠点を置く企業が集まり、SDGs目標期限2030年の10年前にあたる2020年5月に発足しました。大丸有エリアを起点として、企業が主体となって取り組むことで、企業間連携によるSDGs活動の相乗効果を検証し、SDGs モデル都市の構築を目指す「大丸有SDGsACT5」を推進する組織。2022年は「サステナブルフード」「環境」「WELL-BEING」「ダイバーシティ&インクルージョン」「コミュニケーション」の5つのACT(テーマ)を設定し、各アクションの実践、効果の検証、社会課題の構造的な問題を明らかにすることをミッションとしている。

エコファニ

エコファニはオフィスのレイアウト変更などで不要になったオフィス家具を企業から引き取り、検品・清掃のうえ、リユース家具として展示、法人・個人に販売するサービス。また、オフィスに家具をセットした状態で賃借する「セットアップオフィス」への供用のほか、リユース家具のサブスクリプションサービスにも対応するなど、本サービスを通じてフレキシブルなワークスタイルに対応する商品・サービスの拡充を具現化すると同時に、一定期間出荷に至らない商品は産業廃棄せずリユース&マテリアルリサイクルを実施するなど、「サステナブルな社会の実現」に貢献する。

「大丸有SDGs映画祭」 開催概要

会期2022年8月30日(火)から9月22日(木)まで
会場大丸有エリア内の全6か所のスペース
上映スケジュール公式サイトを参照
参加申込公式サイトにて鑑賞チケットを購入

pwa