Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

TOKYOの源流・檜原村を中心に開催

アートプロジェクトを通じて国内外でクリエイティブな価値づくりを推進している、クリエイティブクラスターは、東京都の源流域にあたる檜原村を中心とした地域回遊型アート展「ひのはらアート2022~生活藝術とむらのよさ」を、2022年10月22日から11月23日までの1ヵ月間、檜原村内にある複数の特設会場を中心に開催する。

adf-web-magazine-hinohara-art-1

《ヒージャーを檜原村に連れてきた》

本プロジェクトは近年社会や地球環境、テクノロジーとの連結でより一層、表現とそれにともなうポジティブなインパクトの可能性を拡張する現代アートとその作家による創造力を通じて、源流から投射するこれからのTOKYOのクリエイティブな可能性とくらしの姿、そしてなぜ多くの首都圏の人々は「檜原村」「秋川渓谷」をいいというのか。という疑問を、anno lab、チームラボ、中谷健一、佐野文彦、池城安武など12組以上による作品を同地に展示展開することで解き明かす。文化庁メディア芸術祭となった2021年度アート部門大賞のanno labによる新たなアプローチによる展示や、八重山の風土を切り取ったモチーフで沖縄の新たなカルチャーアイコンとなっている版画家の池城安武が檜原村の自然と風土から創る作品、工芸アートに新風を吹き込む中谷健一やNanaAkuaによる檜原の木を大胆に活かした作品など、源流を舞台にTOKYOの表現が交響する回遊型展覧会となる。

出展作家を公募する「オープンコール」を実施

キュレーションによって選ばれた作家やプロジェクトのほか、出展公募「オープンコール」も実施中。選ばれた作家には、村での展示にかかる費用も支払う。

応募対象者

2022年10月20日から11月23日まで、本企画にて継続して展示できる個人または団体。年齢・経歴は問わない。

審査員

四方幸子 キュレーター / 武居利史美術評論家・アートエデュケーター・前府中市美術館学芸員 / 岡田智博 「ひのはらアート2022」ディレクター

応募締切

2022年9月30日(金):公募内容と応募フォームについてはこちら

テーマコンセプト

「グレートリセット」に例えられるような大きな変化が起こる中、「くらし」や「価値観」に大きな変化が起こっている。そんな変化の中、多くのTOKYOの人々が「檜原はいい」「秋川の渓谷はいい」と語り、実際にさまざまな人が拠点を移し、新たな「クリエイティブ」や「くらし方」「しごと」が生まれはじめている。つい「檜原はいい」「秋川はいい」と口にしているが、実際に「なにがいいか」と問われるとぼんやりする。しかし、「ぼんやり」しているけど「いい」と感じることこそが、TOKYOの源流である。

3つのいい

ひのはらアートの特徴(みどころ)は、「むらのよさ」から「生活藝術」の可能性を実感でできる、3つ「いい」にある。

山郷に溶け込むアートに触れる

TOKYOの「むら」である檜原村を源流とする秋川は、多摩川となり、世田谷を経て羽田へと東京を貫く。その源流の自然と中世まで遡れる村の風土と交響する作品を古くからある屋敷等で展開、山郷を見立てに多彩な鑑賞体験が得られる。最後となった今年の文化庁メディア芸術祭・アート部門大賞作家であるanno lab(あのラボ)による水滴が光を奏でるテクノロジー作品、秘仏のように古民家に鎮座するチームラボの作品といった、テクノロジーが幽玄に溶け込む作品をはじめ、「山の恵み」から生まれる彫刻やインスタレーションなど、自然と風土に変幻に溶け込むアートを紅葉の秋川渓谷を巡りながらたのしめる。

adf-web-magazine-hinohara-art-2

《float》 anno lab

「生活藝術」が広げる可能性に触れる

現代アートがあらゆるかたちで注目されている現在。それを担うアーティストたちは、常に生活の中から着目を得、さまざまなマテリアルで創造を営んでいる。また、中世にまで遡れる秋川流域の人々の営み、たとえば木を植え育むことといった、持続的継続からうまれる諸象もまた、創造的なものということができる。このような山郷で持続的に積み重ねられた創造に、アーティストによる新たな創造が結びつくことにより、新たな営み「生活藝術」が生まれ、新たな持続的創造と文明のサイクルが少しずつ動く。本展では、彫刻家の中谷健一が村の木を用いて深き森の息吹を伝える作品を展示、八重山の営みを版画とした作品で沖縄の気鋭として南国のアイコンとなり富裕層の旅行者が作品を買い求める池城安武が舞台を変え、源流の風土にインスパイアされた作品を展開する。

TOKYOの源流の体験価値を高める

鑑賞だけではなく「生活藝術」を反映した、TOKYOの源流ならではの体験を提供するプログラムを会期中に展開。立体プラバンアートの第一人者として知られ、日常のなかのさまざまな素材を誰もがつくれるクリエイティブへ昇華させている NanaAkua(ナナアクヤ)は、村の木の加工から生まれる木くずをアップサイクルし、秋川の木のねんどをつくっ。彼女の作品だけではなく、実際に子どもからあらゆる人が、木のねんどで創作体験できるワークショップを会期中開催する。檜原村在住の20歳代の現代美術家・菅谷杏樹は秋川流域の恵みを発酵・その成果を振る舞い、現代化とともに潰えてしまった村の「うるし」づくりを復興させる取組や、「生活藝術」から生まれた作品を販売するマーケットまで、藝術と風土、自然から生まれるTOKYOの源流の恵みをもとにした新たな体験価値を本プロジェクトより提供していく。

adf-web-magazine-hinohara-art-3

NanaAkua 作品イメージ(新作)

「ひのはらアート2022~生活藝術とむらのよさ」開催概要

会期2022年10月22日から11月23日まで
出展作家12組超を予定
会場ひのはらアーツキャンプ(本部会場) / 樋里コミュニティセンター / へんぼり会場 / 秋川渓谷流域など

pwa