Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

人種や国境を超えて体の奥底に眠る「ひかり」の姿を呼び起こす

パルコは、GOMA Exhibition「ひかりの地図」を2022年9月2日から9月12日まで、PARCO MUSEUM TOKYO(渋谷PARCO 4F)にて開催する。本展では新作を含む原画約30点を展示、先着にて作品販売を行う。会場ではメディコムトイとのコラボ商品や、展覧会開催を記念したオリジナルグッズも販売予定。さらに、2022年9月2日にはSUPER DOMMUNE(渋谷PARCO 9F)にて配信イベントも開催。追加詳細情報は展覧会公式ページにて随時発表する。adf-web-magazine-goma-exhibition-1

展覧会概要

2009年の交通事故による高次脳機能障害と記憶喪失を経て、事故の2日後から緻密な点描画を描き始めたGOMA。世界屈指のディジュリドゥ奏者であり、事故前は絵画とほとんど縁がなかったというGOMAが描き出すのは、「意識を消失したあとに見た景色」である。事故から10年以上経ったいまでも、意識を失った昏睡状態に陥ることがあるというGOMAは、意識が回復するまでに見える光景の記憶に、一定のルールが存在することを発見した。本展「ひかりの地図」では、GOMAが意識を喪失してから回復するまでの景色を段階ごとに構成し、ある規則を持った「地図」として鑑賞者に追体験してもらうという初の試みに挑戦する。2018年、NHK ETVのドキュメンタリー番組でアメリカの研究所を訪れたGOMAは、脳に傷を負ったことで突如特異な能力が開花する「後天性サヴァン症候群」と診断される。GOMAはそれ以来、医師や科学者、同症状を持つ人々との対話を通して、自身の創作行為に一種の普遍性を見出すようになったという。GOMAが「ひかり」と呼ぶ作品はどれも、現実の意識から遠く離れたところで出会った景色を描いている。その景色は、人種や国境を超えて、わたしたちの体の奥底に眠る「ひかり」の姿を呼び起こす。adf-web-magazine-goma-exhibition-2adf-web-magazine-goma-exhibition-3adf-web-magazine-goma-exhibition-4adf-web-magazine-goma-exhibition-5

GOMA

オーストラリア先住民アボリジナルの伝統楽器「ディジュリドゥ」の奏者、画家。1998年にオーストラリアで開催されたバルンガディジュリドゥ・コンペティションにて準優勝を果たし国内外で広く活動。2009年交通事故に遭い高次脳機能障害の症状により活動を休止。一方事故の2日後から緻密な点描画を描きはじめるようになり、現在ではオーストラリアBACKWOODS GALLERY(2016) 新宿髙島屋美術画廊(2018 ・2019)など多数の個展を開催。2012年本人を主人公とする映画「フラッシュバックメモリーズ3D」に出演し、東京国際映画祭にて観客賞を受賞。2021年TOKYOパラリンピック開会式にてひかるトラックの入場曲を担当。2022年舞台「粛々と運針」の音楽監督と劇中のアートを手掛ける。

GOMA Exhibition「ひかりの地図」開催概要

会期2022年9月2日から9月12日まで
会場PARCO MUSEUM TOKYO(渋谷PARCO 4F)

pwa