Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

BankART1929主催の個展シリーズに35歳以下のアーティスト3組と35歳以上のアーティスト2組が参加

BankART1929は、横浜市が推進する、歴史的建造物、倉庫などを文化芸術に活用しながら、街を再生していく「創造都市構想」のリーディングプロジェクト。プロジェクトの推進拠点となるBankART KAIKOとBankART Stationにおいて、このたび「BankART Under 35 / Over 35 2023」が2023年7月6日(木)から23日(日)まで開催される。adf-web-magazine-bankart-under35-over35-2023-1

「BankART Under 35」は、35歳以下のアーティストによる個展シリーズで、これまで52チームを紹介してきた。今回は「Under 35」に併せて、35歳以上の作家による「Over 35」も同時期に開催する。作家は、公募で5名の審査員(川俣 正、村田 真、木村絵理子、吉田有里、細淵太麻紀)によって選出された。今回は、作家+マネージャーのジョイントチームによる、「Under 35」3組がBankART Stationで、「Over 35」2組がBankART KAIKOでの同時開催となる。adf-web-magazine-bankart-under35-over35-2023-2

参加アーティスト

Under 35 (BankART Station)
  • 宇留野 圭:(マネージャー)大野高輝
  • 佐貫絢郁:(マネージャー)浅見 旬
  • 凡人(ボンドマン)/光岡幸一・根本祐杜・平山 匠:(マネージャー)李 静文
Over 35(BankART KAIKO)
  • 蓮沼昌宏:(マネージャー)蓮沼菜穂子
  • 島島(Islands)/梁 志和・劉 時棟:(マネージャー)開発好明

    BankART1929とは

    BankART1929は、2004年3月、馬車道にあった元銀行(旧第一銀行、旧富士銀行)を活用してスタートした、横浜市が推進する「創造都市構造」のリーディングプロジェクト。歴史的建造物、倉庫などを文化芸術に活用しながら、街を再生していく活動を行っている。2005年、旧富士銀行への東京藝大誘致に伴い、旧日本郵船倉庫を改修したBankART Studio NYKに移転。2008年、本格的な改修を経て、それ以降、NYKを中心に数多くの活動を続けてきた。街なかへの展開として、新港埠頭の倉庫や本町、北仲地区の再開発予定のビルを活用して、大型のシェアスタジオの構築・運営を図り、横浜に数多くのクリエイターの誘致を行ってきた。2021年度からは4年間、馬車道地区(旧市街地)のBankART KAIKOと新高島地区(みなとみらい21地区)のBankART Stationを拠点に都市の中のプロジェクトを推進継続していく予定。

    「BankART Under 35 / Over 35 2023」開催概要

    会期2023年7月6日(木)~23日(日)※休館日:7月10日(月)、18日(火)
    会場BankART Station(Under 35)、BankART KAIKO(Over 35)
    時間11:00~19:00(7月7日[金]、8日[土]のみ夜間オープン11:00~21:00)
    入場料500円(カタログ2冊付、U35、O35の2会場ともに再入場可能なパスポート制)
    ウェブサイトhttps://onl.tw/gQDq65S