Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

実在する都市とそれを再現したバーチャル都市空間

MESONは、国土交通省が推進する日本全国の3D都市モデルの整備・オープンデータ化プロジェクト「PLATEAU」の一環で、ユーザーと事業者が双方向で交流、体験できるAR・メタバース連携プラットフォーム「arium(アリウム)」を開発。本プロジェクトの実証実験博報堂DYホールディングスとの共同で実施した。adf-web-magazine-ar-city-arium-1

arium

ariumとは実在する都市とそれを再現したバーチャル都市空間を舞台に、3Dコンテンツを使って遊ぶコミュニケーションアプリ。3Dコンテンツの投稿を通じて、遊び心あふれるコミュニケーションを楽しめたり、友達や家族と繋がることができる。ariumを楽しむ方法は2つ。

1.モバイルARアプリ

普段出歩いたり、ショッピングを楽しむ都市の風景を、アプリのカメラで覗いてみると、他のユーザーがこれまでに置いた3Dコンテンツが街中に置かれている。それは誰かへのメッセージであったり、街を明るくするモニュメントだったり表現は様々。気が向いたらリアクションやコメントを残すことで3Dコンテンツを介したコミュニケーションを楽しむことができる。adf-web-magazine-ar-city-arium-2

2.PCメタバースサイト

実際に足を運ぶ時間がない、遊びに行ける距離にいない場合、実在の都市空間をそっくりそのままに模したバーチャル都市にPCからアクセス。3Dコンテンツが置かれた場所はバーチャル都市の同じ位置にも置かれているため、現実世界ではすぐに会えない距離に住む友達や家族でも、バーチャル都市で同じモノを見聞きしているような繋がりを感じる、新たなコミュニケーションを楽しむことができる。adf-web-magazine-ar-city-arium-3

ariumビジョン・立ち上げ背景

近年、世界市場において「メタバース」というワードが注目を集めているように、VR・ARデバイスの普及や関連コンテンツ市場が著しく成長している。人々の活動や交流の場がXRやメタバース空間へと広がり、時間的・金銭的支出がデジタルに広がっていく流れにおいて、MESONでは人々のコミュニケーションの場やエンターテイメントの基盤が、XR・メタバース空間へ拡大する未来を見据えている。物理的距離や時間の制約を超えた、誰もが参加・交流のできるAR・メタバース都市空間が今後の都市概念において重要になることを見据え、ariumを開発した。実在する都市空間にバーチャルコンテンツを配置できる「都市AR体験」と、該当都市空間を模して作成された「メタバース空間体験」を連動させることで、都市AR・メタバースのシームレスな体験連携の実現を目指す。

ariumのシステム

ariumは現実の都市空間に展開するARコンテンツ及び現実の都市空間をベースとしたメタバース空間に展開するデジタルコンテンツを管理するためのWebベースのXRコンテンツマネジメントシステム、これと連動するiPhone向けのモバイルARアプリケーション、PCからアクセス可能なWebメタバース環境の3つで構成される。

CMS

CMSはMESONが提供する独自のXR開発システム「GAUGUIN CMS」をベースに開発。GAUGUIN CMSでは、XRコンテンツを3Dエディター上で配置することで直感的に空間上の相対位置データと紐付けてXRコンテンツを管理することができる。adf-web-magazine-ar-city-arium-7

モバイルARアプリ

モバイルARアプリケーションでは、周囲の建物にスマホをかざすだけで、簡単にARコンテンツの表示を行うことができる。Googleが提供するARCore GeoSpatial APIを活用することで、高精度の位置合わせ・コンテンツ表示を実現。adf-web-magazine-ar-city-arium-4

PCメタバースサイト

Webメタバース環境は、ウェブブラウザからアクセス可能な環境として構築。3D都市モデルを使って構築されたバーチャルな都市空間の中を自由に歩き回りながら、物理的な街でARコンテンツを鑑賞するのと同じように、コンテンツの鑑賞を離れた場所からでも行うことができる。adf-web-magazine-ar-city-arium-5

MESON

MESONはAR / VRを軸にメタバースやWeb3が掛け合わさる領域に注力し、パートナー企業に伴走しながら、共にサービス開発やR&D活動に取り組む会社。空間コンピューティング時代に欠かせないサービスをつくるべく、様々な研究開発パートナー企業とともにXR時代のユースケースとUXを探求するクリエイティブスタジオ事業を展開している。2020年に世界最大のAR /VRアワードである「Auggie Award」をソフトウェア領域において日本で初めて受賞。


pwa