4QEC38pcXO8

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

160人のクリエイターと大垣の職人がつくるヒノキ枡、チャリティープロジェクトのイベントが開催

チャリティープロジェクト、Creation Project 2020 160人のクリエイターと大垣の職人がつくるヒノキ枡「 〼〼⊿ 〼( 益々繁盛)」が2020年12月1日から開催される。本イベントでは、160人のクリエイターがデザインし、大垣の職人が一つ一つ木を組み、ヒノキの枡を作る。adf-web-magazine-creation-project-1.jpg

「増す」や「益す」とも読めることから、縁起が良いとされる枡。おめでたい柄や、物語性のあるデザインなど、160種の枡ができた。8月にオンラインで開催したクリエイション・キッズ・ラボ 2020で、子どもたちが絵柄をデザインした枡も展示される。

adf-web-magazine-creation-project-2adf-web-magazine-creation-project-3

岐阜県大垣市は、木枡の全国生産量の8割を担う日本一の生産地。時代の移り変わりを経てもなお、市内には3つの製造業者が残り、職人たちが、釘を使わない組み木の枡づくりの技術と伝統を守っている。時世の流れでお祝いの席が減り、枡を使う機会が少なくなっている今も、多様な使い方を提案しながら、現代に通じる枡の価値を伝え続けている。adf-web-magazine-creation-project-10

本プロジェクトによる販売収益金は、COVID-19の影響を受けた世帯への緊急子ども給付金提供などの活動や2020年7月豪雨への緊急支援をはじめ、未来を担う日本の子どもたちの支援のために、セーブ・ザ・チルドレンに寄付される。

企画の詳細や枡製作の様子について、特設サイトで紹介。11 月中旬には来場予約の受付や、全作家の作品公開を予定。展示作品の予約販売も2020年12月1日にオープンするオンラインショップで行う。adf-web-magazine-creation-project-12

Creation Projectとは

多くの方々にアートやデザインの楽しさを感じてもらおうと、1990年からはじまった毎年恒例のチャリティープロジェクト。2つのギャラリーと交流のあるクリエイターの方々にボランティアで制作された作品を展示・販売し、収益金をチャリティーとして寄付。2009年より「Creation Project」と題し、2011年〜2015年は東日本大震災の義援金として合計約1134万円を寄付、2016年は熊本地震の義援金として158万円を寄付。2017年から、生産地を日本全体に広げ、日本のものづくり・産業をデザインの力で発信していくプロジェクトとして継続し、セーブ・ザ・チルドレンに合計約283万円を寄付。

Creation Project 20 20 160人のクリエイターと大垣の職人がつくるヒノキ枡「 〼〼⊿ 〼( 益々繁盛)」開催概要

会期2020年12月1日(火)〜 12月25日(金)日曜休館
会場クリエイションギャラリーG8
入場無料
開館時間11:00am-7:00pm
URLhttps://bit.ly/3kRowl8

pwa