Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

現代アーティスト6人の作品が集結する特別展「コロナ禍とアマビエ」が角川武蔵野ミュージアムにて開催

特別展「コロナ禍とアマビエ 6人の現代アーティストが『今』を考える」が、角川武蔵野ミュージアム4Fのエディット&アートギャラリーにて、2022年1月22日(土)から5月8日(日)まで開催される。1年以上にわたってリレー形式で行ってきた、現代アーティスト6人による意欲的で画期的な企画「コロナ時代のアマビエ・プロジェクト」を凝縮した集大成ともいえる特別展示となる。adf-web-magazine-kadokawa-amabie-covid19-project-1

コロナ禍とアマビエ 6人の現代アーティストが「今」を考える

2020年11月、その年の春から世界を襲った新型コロナウイルス感染拡大の中、不安を抱える多くの人たちに向けて、角川武蔵野ミュージアムは「コロナ時代のアマビエ・プロジェクト」を開始した。幕末に熊本沖に現れたとされる妖獣アマビエのイメージが召喚され、世の中では、プロアマ問わずアマビエを表すブームが起こった。それは、美術が持つイメージの力が、人々に希望をもたらす可能性を問いかける現象だった。過去の焼き直しではなく、今を生きる現代のアーティストに、それぞれのアマビエを生み出してほしい、「コロナ時代のアマビエ・プロジェクト」は、そんな思いから生まれた。1年以上にわたって本ミュージアムの内外に展示してきた現代の新しいアマビエ像を生み出した6人の作家を紹介する今回の展覧会で、ついにアマビエ・プロジェクトは完結する。

adf-web-magazine-kadokawa-amabie-covid19-project-2

会田誠「疫病退散アマビヱ之図」/2020/ターポリンにプリント/H4995 x W3528 mm/ © 2020 Makoto Aida Courtesy of Kadokawa Culture Museum

adf-web-magazine-kadokawa-amabie-covid19-project-3

鴻池朋子「武蔵野皮トンビ」 / 2021/H10000 x W24000 mm/牛皮、水性塗料、クレヨン/ © 2021 Tomoko Konoike Courtesy of Kadokawa Culture Museum

adf-web-magazine-kadokawa-amabie-covid19-project-4

川島秀明「SHI」2020/H1620 x W1620 mm/キャンバスに油彩、アクリル絵具/ © 2021 Hideaki Kawashima Courtesy of Kadokawa Culture Museum

会田誠、鴻池朋子、川島秀明、大岩オスカール、荒神明香、大小島真木の6人の現代アーティストが、本ミュージアムにて1年を通して、それぞれのアマビエを生み出した。プロジェクトのスタートから1年が経ち、コロナ禍の様々な経験を経たいま、ここから生まれた作品や参加したアーティストたちの新作を通して、「今」をいかに生きるのかを考える内容となっている。

adf-web-magazine-kadokawa-amabie-covid19-project-5

荒神明香「reflectwo」/2008/2021/H7000 x W2600 x D900 mm/造花、アクリル、ワイヤー/© 2021 Haruka Kojin Courtesy of SCAI THE BATHHOUSE, Kadokawa Cult

adf-web-magazine-kadokawa-amabie-covid19-project-6

大岩オスカール「太陽と10匹の妖怪」/2021/H6835 x W2940 mm/紙にインク/ © 2021 Oscar Oiwa Courtesy of Kadokawa Culture Museum

adf-web-magazine-kadokawa-amabie-covid19-project-7

大小島真木「綻びの螺旋」/2021/サイズ可変/ミクストメディア・インスタレーション/ 写真:足利森/© 2021 Maki Ohkojima Courtesy of Kadokawa Culture Museum

グラフィック・会場デザインはイッセイミヤケの広告などを手がけ、カンヌ国際広告賞など数々の広告賞を受賞してきたBULLETの小玉文。作品が読み物の中に潜んでいるかのような空間をデザインしている。

「コロナ禍とアマビエ 6人の現代アーティストが『今』を考える」概要

会期2022年1月22日(土)~2022年5月8日(日)
会場角川武蔵野ミュージアム4F エディット&アートギャラリー
開館時間日〜木 10:00–18:00 金・土 10:00–21:00 
休館日第1・3・5火曜日
出品作家会田誠 鴻池朋子 川島秀明 大岩オスカール 荒神明香 大小島真木
特設ページhttps://kadcul.com/event/65

pwa