Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

京都に建築家・安藤忠雄 設計監修のホテル「丸福樓」がオープン

2022年4月、京都にホテル「丸福樓(まるふくろう)」がオープンする。世界的建築家の安藤忠雄が設計監修した新しい建物が、既存の任天堂旧本社社屋と融合し、任天堂創業の地に新たな歴史を刻む。グランドオープンに先駆け、2022年1月20日よりオフィシャルWEBサイトにて、宿泊予約を開始している。

adf-web-magazine-kyoto-marufukuro-tadao-ando-1

安藤忠雄による丸福樓の外観スケッチ

1889年より歴史を刻んできた任天堂の創業地にあたる京都・鍵屋町。今回ホテルとして生まれ変わるのは、正面通りに面する旧本社社屋。既存の建物と世界的建築家・安藤忠雄が設計監修した新しい建物が融合し、全18室のホテル「丸福樓」が誕生する。1947年に、任天堂の前身である山内任天堂が花札・かるた・トランプの製造や販売をする会社として「丸福株式会社」を設立。その歴史をつむぎ、当時の屋号をホテル名に含めている。

adf-web-magazine-kyoto-marufukuro-tadao-ando-9

建物エントランス(工事前)

緑色の瓦屋根と外壁のタイルが特徴的な外観や、建築当時からの看板は変わらず、当時の建築様式や内装を活かした空間で、かつての趣を残している。懐かしい佇まいの既存棟と、シンプルでスタイリッシュな居住性の高い新棟には、7つのスイートを含む全18の客室が作られ、全室異なる調度品を揃えている。

adf-web-magazine-kyoto-marufukuro-tadao-ando-5

緑色の瓦屋根と外壁のタイルが特徴的な外観

adf-web-magazine-kyoto-marufukuro-tadao-ando-4

建築当時から歴史を刻んできた看板

adf-web-magazine-kyoto-marufukuro-tadao-ando-2

寝室として使用されていた部屋はゲストルームとしてリノベーションされる

ホテル「丸福樓」概要

所在地京都市下京区正面通加茂川西入鍵屋町342番地
客室数18室 (33㎡ 〜 79㎡)
客室料金100,000円/泊〜(朝食・夕食・お飲物・軽食含む)
チェックイン/チェックアウト15時から/12時まで
予約オフィシャルサイト、一休、Expediaより受付

pwa