Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

建築家 岡田宰とUI/UXデザイナー石原亮が環境配慮型アウトドアブランド「we know enough <」を設立

2id Architects主宰の岡田宰と、国内IT企業でUI/UXデザイナーとして活動する石原亮が協働し、新たなアウトドアブランド「we know enough <(ウィーノーイナフ)」を設立。倫理的な視点を大切にし、自然と社会を共に豊かにするアウトドアブランドを目指す。記念すべき第一弾プロダクトとして、”サスティナブルな”焚火台 を発表。自然を際立たせるミニマルなデザインをベースに、現状の課題を解決し、自然環境を想ったデザインアプローチが注目されている。商品は6月初旬よりMakuakeにて先行予約販売予定。

adf-web-magazine-tsukasa-okada-akira-ishihara-we-know-enough-1.jpg

環境配慮型アウトドアブランド「we know enough >」

当ブランドは、「自然を想う時間をつくる」ことをヴィジョンに掲げている。we know enough <(ウィーノーイナフ)という名は『足るを知る』という言葉から名付けられた。自分たちの為だけでなく、自然を想い、本当に必要なものだけを作る、作る責任を考える、そんなメッセージが込められている。ブランド名の末尾につけた不等号「<」は、ブランドの存在を主張するのではなく、アウトドアシーンにおいての主役は自然であるという事を表現している。

 adf-web-magazine-tsukasa-okada-akira-ishihara-we-know-enough-3.jpg

”サスティナブルな”焚火台

adf-web-magazine-tsukasa-okada-akira-ishihara-we-know-enough-5.jpg

岡田宰 / Tsukasa Okada (写真左)と石原亮 / Akira Ishihara (写真右)

岡田宰 / Tsukasa Okada 

建築家・デザイナー
2id Architects 代表。静岡県浜松市出身。ミラノのDomus Academyで修士号取得。WONDER WALL, クライン・ダイサム・アーキテクツで経験を積み、独立。『空間』のデザインパートナーとして、建築 / インテリアデザインを基軸に、プロジェクトの企画、ブランディングからプロダクトデザインまで 、領域を横断的に手掛ける。Dezeen Award、Design for Asiaなど国内外の権威あるデザインアワードを多数受賞。 現在は東京と浜松の拠点で活動し、都市と自然を行き来している。良い建築家・デザイナーの前に"良き生活者"として豊かな暮らしを模索している。

石原亮 / Akira Ishihara 

UIUXデザイナー
愛知県豊橋市出身。Istituto Marangoni Milano IT卒。イタリアのメゾンブランドで経験を積んだのち、帰国後は国内のアパレル企業でデザイナーとして活動後、フリーランスのデザイナーとして独立。現在は国内IT企業でUIUXデザイナーとして活動する傍ら、個人としても活動。