Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

ポップ・アートを牽引したアーティスト、アンディ・ウォーホルを紐解く

アンディ・ウォーホル。その魅力に迫る完全保存版『知らなかった、アンディ・ウォーホル』Pen 10月号が発売。アンディ・ウォーホルといえば、キャンベルのスープ缶、コカ・コーラ、マリリン・モンローなど、馴染みのあるモチーフで強烈なインパクトを与え、ポップ・アートを牽引したアーティスト。誰もが知る存在にもかかわらず、謎がつきまとい、好奇心をかきたてられてきたアート界の“巨人”。

adf-web-magazine-andy-wahol-2022

2022年9月には京都市京セラ美術館で、国内では約6年ぶりとなる展覧会『アンディ・ウォーホル・キョウト / ANDY WARHOL KYOTO』がスタート。100点以上の日本初公開作品などを含む約200点とともに、京都との知られざる関係もひも解かれる。これを機に、改めてアンディ・ウォーホルという存在に注目。生まれ故郷ピッツバーグを訪ねてルーツを探ったり、現代アーティストや脳科学者の視点からその精神性を垣間見たり、巨人、アンディ・ウォーホルの人間像へ迫ってみると、コンプレックスや孤独に悩みながらも、人と芸術を愛してきた、純粋なひとりの男の姿があった。

ウォーホルをひも解く、5つのキーワード

未知なる故郷、ピッツバーグへようこそ

レシートから玩具まで、「タイムカプセル」にプライベートを垣間見る
天才を育んだ、ふたつの街の風景を訪ねて

いまさら聞けない素朴な疑問にお答えします
これを押さえよ! まずチェックしたい基本の5作品
人生そのものがアート! 時代を駆け抜けた鬼才の足跡をたどる

人間関係から検証する、ウォーホルの13人

元助手が語る、“アートの巨人”の意外な素顔

日本が与えた影響を、二回の旅から考察する

京都で目にした神社仏閣から、感じ取ったこと
証言者が語る、時代の寵児の実像とは? 中谷芙二子 ホンマタカシ

魅力を深堀り! 素描、写真、映画にフォーカス
杉本博司がしつらえる、時代を超えたアートの共演
クリエイターを刺激する、憧れのアートピース
松山智一(アーティスト) 千原徹也(アートディレクター) 日比野克彦(アーティスト)
中野信子が読み解く、現代社会を予言した“意味深”な言葉たち

時代を映し出す、ウォーホルとリヒターの共通点

エリイ×森村泰昌、ふたりが考えるウォーホルの見方
あなたも買える、名作はこれだ


pwa