Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

微生物や微化石の構造体のモデルにも、未来の宇宙船や人工衛星の建造物の構造体のようにも見える

3331 Arts Chiyodaでは2022年10月13日から10月17日まで、2022年に逝去した平田哲朗の個展「芸術か科学か」を平田哲朗展実行委員会との共催にて開催する。2022年に逝去した平田哲朗の残した膨大な作品群はほぼ未発表作で、本展が初の大規模な個展かつ東京での初公開となる。その圧倒的な物量を展示するため、3331のメインギャラリーでの開催を決定。adf-wen-magazine-art-or-science-1

展覧会について

富山県氷見市で地域型アートプロジェクト「氷見クリック」や「ヒミング」を主催していた平田哲朗が、大量の作品?研究物? 構造体を遺し急逝した。東京藝術大学在学中より、構造的で生命の本質に迫るような絵画を描いていた平田は、バックミンスター・フラーのフラードームの構造体への興味を入り口として多面体のさまざまな展開に関心を持ち、作り続けていた作家。微生物や微化石の構造体のモデルにも、未来の宇宙船や人工衛星の建造物の構造体のようにも見える。これが何であるのかの解釈は既に美術の文脈だけでは解明不能で、さまざまな専門家、研究者の意見を、この展覧会を機会に求めたい。本展は、根源的な問いを追い続けた作家としての平田の活動に光を当て、芸術と科学の両方の視点からその魅力を解き明かす出発点となればという願いが込められている。

作品について

平田の作品は、5角形、6角形、7角形など多角形の配列パターンによって創出される多様な形態からできている。モデルは世界の為のモデルなのか?それとも世界がモデルの為の世界なのか?だれもが当たり前にふれている素材、鉛筆と輪ゴムから始まり、クラフトバンドや竹、結束バンド、PP バンドと素材を変遷しつつ、増殖を続けた。分子構造としてのフラーレンやナノチューブをフラクタル状に組み合わせて凖結晶構造のシェルター、万華鏡が三次元化されたような、幻惑に視線を誘い、シナプスを刺激する。

adf-wen-magazine-art-or-science-2

平田の自宅に置かれた作品 撮影:飯貝拓司

adf-wen-magazine-art-or-science-3

平田の自宅に置かれた作品 撮影:飯貝拓司

平田哲朗

1962年香川県生まれ。東京藝術大学大学院美術研究科壁画専攻修了。ギャラリー「TRANS×TRANCEVISION」主宰。小沢剛展「SO-DANART」、角田俊也展「サウンドイン スタレーション」等を企画。

関連イベント

TALK-1「芸術か?科学か?」科学の視点から、その謎に迫る

多角形や多面体さらにはその4次元版を未来的な造形作品や過去の遺物の中で見つけて興奮する図形科学者の宮崎興二と、コンピュータグラフィックスの専門家でありコンピュータを使った折り紙の設計・研究者でもある三谷純に、制作過程を最も間近で見ていた平田淑江を交え、科学的視点から平田作品を語る。

  • 日時:10月15日(土)16:00-17:30
  • 会場:3331 Arts Chiyoda 1F ラウンジ
  • 参加料:無料
TALK-2「芸術か?科学か?」芸術の視点から、その謎に迫る

平田に影響を与えたバックミンスター・フラーの著書の訳者でもある芹沢高志、アートプロジェクト「ヒミング」を通じ交流を深め、平田作品を十和田市現代美術館での展覧会に招聘した藤浩志、東京藝術大学在学中より親交があり「ヒミング」にも参加した小沢剛に、現在、建築学を学ぶ平田柳を交え、芸術的視点から作品の魅力を語る。

  • 日時:10月16日(日)16:00-17:30
  • 会場:3331 Arts Chiyoda 1F ラウンジ
  • 参加料:無料

平田哲朗個展「芸術か科学か」開催概要

会期2022年10月13日から10月17日まで
時間11:00 ~ 20:00
会場3331 Arts Chiyoda メインギャラリー(1F)
料金入場無料

pwa