Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

MAGMA sessions マンガ・アニメーション・ゲーム・メディアアートのアーカイブの現在

文化庁は、令和2年度メディア芸術連携基盤等整備推進事業の一環として、メディア芸術4分野(マンガ・アニメーション・ゲーム・メディアアート)のアーカイブの現状を知り、これからを考えるイベントサイト「MAGMA sessions〜マンガ・アニメーション・ゲーム・メディアアートのアーカイブの現在〜」を2021年2月16日(火)に公開する。

MAGMA sessionsでは、メディア芸術関係者や一般の方を対象に、各分野の有識者によるトークセッションやインタビューを2月16日(火)より順次無料公開し、あわせて2月19日(金)には、文化庁「令和2年度メディア芸術連携基盤等整備推進事業」の成果報告会の様子をライブ配信する。コンテンツは動画・テキスト・音声の3形式で用意し、専門用語にはミニ解説を用意。またメインビジュアルは、モデルの萬波ユカとアート作家のたかくらかずきの作品を起用した。

adf-web-magazine-magma-sessions-4 adf-web-magazine-magma-sessions-6 adf-web-magazine-magma-sessions-2

MAGMA sessionsメインビジュアル

  • クリエイティブディレクション・デザイン:小田雄太(COMPOUND)
  • アートワーク制作:たかくらかずき
  • モデル:萬波ユカ
  • 撮影:Okuwaki Takanori
  • スタイリスト:Takahashi Eiji
  • ヘアメイク:Yoshida Taro

adf-web-magazine-magma-sessions-3 adf-web-magazine-magma-sessions-5 adf-web-magazine-magma-sessions-7

「MAGMA sessions」の目的

MAGMA sessionsは、普段あまり取り上げられることのないメディア芸術4分野(マンガ・アニメーション・ゲーム・メディアアート)のアーカイブの現在とこれからにスポットを当て、その課題、意義のみならず、その面白さを発信していく。MAGMA sessionsにより、多くの方にメディア芸術におけるアーカイブ活動の意義を知ってもらい、アーカイブについて考えるきっかけをつくりたいと考えている。