Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

「我楽他宗 —民藝とモダンデザイナーの集まり」展

多摩美術大学は、「我楽他宗 — 民藝とモダンデザイナーの集まり」展を八王子キャンパス内アートテーク・ギャラリーで2021年2月25日(木)から3月6日(土)まで開催する。三田平凡寺率いる「我楽他宗(がらくたしゅう)」は、 大正期から昭和初期にかけて活動した、収集好きで自身の「趣味」を追求する人々の集まり。版画家の板祐生、彫刻家の河村目呂二と画家でデザイナーの妻ゆきの、ポーランド人芸術家ステファン・ルビエンスキー、インド人陶芸家のグルチャラン・シング、チェコ出身の建築家アントニン・レーモンド夫妻など、国や文化を越境し新たな時代へ影響をおよぼしたアーティストやデザイナーらがメンバーとなり、日本における伝統とモダン、歴史、宗教など多岐にわたって議論を交わし、その内容を掲載した雑誌を刊行するなど、ダイナミックかつクリエイティブな活動を行なった。

adf-web-magazine-garakutashu-1

adf-web-magazine-garakutashu

上戸下戸遊和新年会 1921年 ⒸDelhi Blue Pottery Trust

adf-web-magazine-garakutashu-2

趣味山平凡寺夜の本堂 1921年 ⒸDelhi Blue Pottery Trust

本展では、メンバーが収集した趣味品や当時の活動を記録した資料など約150点を展示。「我楽他宗」が東西の多層的な文化接触をもたらし、国際的かつ芸術的なネットワークであった側面に光をあてる試みとなる。人々の世界的な移動と物理的な接触が制限されている今この時であるからこそ、生まれた土地に根付いたまま、ただ「趣味」によって世界と自由につながり合ったネットワークの焦点をなす「我楽他宗」とはいかなる集団であったのか、その諸相を知ることには大きな意義がある。本展は、おそらく日本ではじめて「我楽他宗」の全貌、その世界への広がりを明らかにするものとなっている。

adf-web-magazine-garakutashu-6

機関誌『趣味と平凡』第1-5号 1920-1921年 ⒸPrivate Collection

adf-web-magazine-garakutashu-5

平凡寺画《追儺宝船》楽天山久快寺施版 堺別院創設記念 1928年 ⒸPrivate Collection

adf-web-magazine-garakutashu-3

河村目呂二の猫 ⒸPrivate Collection

adf-web-magazine-garakutashu-4

ステファン・ルビエンスキー《無題》(『趣味と平凡』第11-13号)1922年 ⒸPrivate Collection

「我楽他宗 — 民藝とモダンデザイナーの集まり」展情報

会期2021年2月25日(木)~3月6日(土)
会場多摩美術大学 アートテーク・ギャラリー2F(八王子キャンパス内)
開館時間10:00〜17:00
休館日日曜日(2月28日)
主催無料
監修安藤礼二(芸術人類学研究所所員、芸術学科教授)
キュレーションヘレナ・チャプコヴァー(立命館大学グローバル教養学部准教授)
協力藤野滋、ルビエンスキーコレクション、アヌラーダ・ラビンドラナート、デリー・ブルー・ポッタリー・トラスト

pwa