Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

四方謙一展「transition」開催

六本木 蔦屋書店では、気鋭の若手アーテイストをクロスジャンルに紹介する店内のギャラリースペース BOOK GALLERY にて、四方謙一の個展「transition」を開催。期間は2020年8月6日(木)から9月13日(日)まで開催する。2010年頃より彫刻や写真による表現活動を展開してきたアーティスト四方謙一は、近年、RAYARD MIYASHITA PARK内の天井に設置された長さ約28mの作品や、山口銀行賞を受賞した第28回UBEビエンナーレでの野外彫刻展示など大規模な作品の発表が続く一方、英アート雑誌『Aesthetica Magazine』が主催するAesthetica Art Prize 2020にてショートリストに選出されるなど、国外でも評価されている。

adf-web-magazine-tsutaya-shikata-kenichi-transition5

数学的なアプローチで知られる野老朝雄に師事した四方の作品は、緻密に計算された金属の立体作品に見られる、幾何学的でミニマルな造形が最も特徴的である。一方、建築も学んだ四方は空間や光/影、周辺環境をも積極的に作品に取り入れ、図面上では最小限の線の構成に過ぎなかったそれらの造形が、複雑かつ常に移り変わる金属面の集合体となって立ち現れ無限の変容を見せる。adf-web-magazine-tsutaya-shikata-kenichi-transition3

今回の個展では、「transition」をテーマに、新作を含む立体作品とフォトグラムのシリーズによる約20点が展示される。四方が繰り返し制作に用いてきた素材である金属板そのものの存在を浮き彫りにするかのような作品群を発表する。一片の金属板が、作家による必要最小限の切り込みや折り目によっていく通りにも姿を変えていく様を楽しめる内容となっている。

また今回は、作家にとって初となるモビール作品の展示も行われる。四方の言葉で「地球まかせ」と呼ばれる、重力によってかたちづくられるそれら宙づりの金属板の作品群は、自然の猛威に翻弄される現代社会に一つの示唆を与えてくれるかもしれない。

adf-web-magazine-tsutaya-shikata-kenichi-transition4

四方謙一 プロフィール

1983年京都生まれ。2004年より野老朝雄に師事、2007年早稲田大学芸術学校建築設計科卒業。主な作品に、2019年「Collecting view in the well」(彫刻の丘/宇部)、2018年「bubbles in flow 」「soragiwa 」(関西国際空港)、「GLOWING GROWING GROUND」(大阪国際空港)、2017年「starry sky view」(旭町診療所)など。

主な展示・受賞に、2019年「第28回UBEビエンナーレ 山口銀行賞」(彫刻の丘/宇部市)、2018-2016年「第13回/第14大分アジア彫刻展 優秀賞/豊後大野賞(各受賞)」(朝倉文夫記念館/豊後大野市 )、2017年 「四方謙一展 -Ray-」(西武渋谷全館)、2015年 「EAST-WEST ART AWARD 2015 Grand Prize」(London)、2014年「第13回 KAJIMA彫刻コンクール 銀賞」(鹿島KIビル/東京)、「神戸ビエンナーレ2013 アート イン コンテナ国際展 準大賞」(神戸市)など。

イベント概要

イベント名四方謙一 個展「transition」
会期2020年8月6日~2020年9月13日
時間当面の間11:00~23:00 
※予告なく変更の可能性あり
場所六本木蔦屋書店 2F BOOK GALLERY
主催六本木 蔦屋書店
協力荒川技研工業株式会社
問合せ先03-5775-1515

pwa