Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

川内理香子の個展「DRAWINGS」を開催

OIL by 美術手帖ギャラリーでは、川内理香子の個展「drawings」を2020年11月25日(水)から12月8日(火)まで開催する。本展は、川内初のドローイング作品集『Rikako Kawauchi drawings 2012-2020』の刊行を記念して実施。WAITINGROOMでも同時期に個展を開催し、2つの会場で新作を含む約60点のドローイング作品を発表し、作品集Rikako Kawauchi drawings 2012-2020』の先行販売も行う。adf-web-magazine-oil-by-bijutsu-techo-kawauchi-rikako-drawings-1

adf-web-magazine-oil-by-bijutsu-techo-kawauchi-rikako-drawings-4

『Rikako Kawauchi drawings 2012-2020』

川内は、食への関心を起点とし、身体と思考、それらの相互関係の不明瞭さを主軸に、様々な要素が作用し合うコミュニケーションの中で見え隠れする、自己や他者を作品のモチーフとして、ドローイングやペインティングをはじめ、針金やゴムチューブ、樹脂やネオン管など、多岐にわたるメディアを横断しながら作品を制作。数多くの個展を開催し、近年、国内外から注目を集める気鋭のアーティスト。空間全体をドローイング作品のみで埋め尽くし、鮮烈な印象を残した2015年の資生堂ギャラリーでの個展は、川内のキャリアの契機となった。初刊行となるこのたびの作品集では、川内にとって重要な場所に位置しているドローイングの2012年から2020年までの作品を振り返る。

adf-web-magazine-oil-by-bijutsu-techo-kawauchi-rikako-drawings-2

ear(2015)

adf-web-magazine-oil-by-bijutsu-techo-kawauchi-rikako-drawings-6

going out for a bit(2020)

川内理香子プロフィール

1990年東京都生まれ。2017年、多摩美術大学大学院美術学部絵画学科油画専攻修了。現在は東京を拠点に活動。近年の展覧会に、15年個展「shiseido art egg vol.9 : Go down the throat」(資生堂ギャラリー、東京)、16年個展「Back is confidential space. Behind=Elevator」(WAITINGROOM、東京)、個展「ART TAIPEI 2016 ‒ WAITINGROOMソロブース」(TaipeiWorld Trade Center、台北)、18年個展「human wears human / bloom wears bloom」(鎌倉画廊、神奈川)、個展「Tiger Tiger, burning bright」(WAITINGROOM、東京)、19年グループ展「drawings」(ギャラリー小柳、東京)、20年個展「Myth & Body」(三越コンテンポラリーギャラリー、東京)ほか。受賞歴に、14年「CAF ART AWARD 2014」保坂健二朗賞、15年「第9回 shiseido art egg賞」など。

川内理香子「drawings」展概要

会場OIL by 美術手帖
会期2020年11月25日(水)〜12月8日(火)会期中無休
時間11:00〜21:00
入場無料

pwa