Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

NY WhIsBeの巨大パブリックアート、韓国「ARTE MUSEUM」初の海外展示、草間彌生回顧展など

近年、世界的なアート施設が次々と建設されるなど、アートの新たな体験の場を提供し続ける香港は、世界におけるアートやカルチャーシーンでその存在感を強めている。2022年秋の香港には、新しいアートと文化のプログラムが目白押し。世界的に有名なアーティストから、香港のランドマークに展示された最新のパブリックアートインスタレーションまで、街中で行われる展覧会やイベントを紹介する。

adf-web-magazine-hongkong-art-event-2022-autumn-1

草間彌生 撮影 Yusuke Miyazaki Courtesy of Ota Fine Arts, Victoria Miro, and David Zwirner (c)YAYOI KUSAMA

高さ8メートルの巨大グミベア

開催時期:2022年11月17日~2022年12月中旬

開催場所:尖沙咀(チムサアチョイ)時計台付近

主催:ファースト・イニシアチブ財団

adf-web-magazine-hongkong-art-event-2022-autumn-2

TICK TOCK, TICK TOCK イメージ画像

尖沙咀の象徴的なランドマークである時計塔の横で、大規模なパブリックアート展「TICK TOCK, TICK TOCK」が開催。著名なアメリカ人アーティストWhIsBeの最大のアート作品となる、高さ8mを超える巨大な赤いオブジェが展示される。3階建ての高さに相当するこのオブジェは、おなじみのグミベアの顔に恐竜の特徴を取り入れることで、現代的なフォルムと先史時代の要素を織り交ぜている。また、香港の象徴であるハーバーフロントには、高さ2.5メートルの小さなコガモの彫刻も展示される。この2つの彫刻には、ARやInstagramフィルターなどのデジタル技術を使って形に残す仕掛けも施されている。

K11 HACCの没入型メディアアート展 ARTE M

開催時期:2022年10月7日~2023年12月

開催場所: K11 ATELIER King’s Road内 K11 HACC 2階

adf-web-magazine-hongkong-art-event-2022-autumn-3

Jungle Tropic © Dstrict

韓国の没入型メディアアート展示館「アルテミュージアム(ARTE MUSEUM)」の初の海外拠点となる期間限定展示「ARTE M」が、K11 ATELIER King's RoadのHK11 HACCにて15か月間に亘って開催される。制作したのはソウルのCOEXで大好評だったパブリックメディアアートインスタレーション「WAVE」を手がけた、韓国のデジタルデザイン会社d'strict。また本アート展は、「永遠の自然(Eternal Nature)」をコンセプトに6つのメディアアート作品を集め、2023年末から2024年初めにかけて11 SKIESに場所を移し常設展示する予定。その後も、さらに作品が追加される予定だ。

ヴィジュアル・カルチャー美術館「M+」の開館1周年を記念した「Yayoi Kusama: 1945 to Now」

開催時期:2022年11月12日~2023年5月14日

開催場所:M+ (西九龍文化地区)

M+では、開館1周年を記念して、「Yayoi Kusama: 1945 to Now」を開催。本展覧会は、草間彌生の日本以外のアジア最大の回顧展となり、アジア、ヨーロッパ、アメリカの美術館や個人コレクションの主要作品、M+ Collection、作家自身のコレクションから200点以上の作品が展示される。3つの新作もM+のそれぞれのフロアで公開される。

香港故宮文化博物館主催「Odysseys of Art: Masterpieces Collected by the Princes of Liechtenstein」展

開催時期:2022年11月9日~2023年2月20日

開催場所:香港故宮文化博物院 ギャラリー8

adf-web-magazine-hongkong-art-event-2022-autumn-4

リヒテンシュタイン侯カール1世の紋章入りチェスト Ottavio Miseroni (イタリア、1567-1624年) プラハのカストルッチ工房 1620-1623年頃(C)LIECHTENSTEIN. The Princely Collections

本展覧会は、リヒテンシュタイン侯爵家コレクションから120点以上の貴重な宝物を香港で初めて公開するもの。8つのセクションに分けられ、歴代の侯爵のユニークな美術品収集活動と、過去400年にわたり中国の芸術文化がヨーロッパの装飾美術や建築に与えた深い影響について掘り下げ、コレクションに新たな光を当てている。

名画に命を吹き込む“En Voyage with Claude Monet”

開催時期:2022年10月27日~2023年1月15日

開催場所:西九龍文化地区カルチャープラザ(文化廣場)

adf-web-magazine-hongkong-art-event-2022-autumn-5

En Voyage with Claude Monet (C)Dirty Monitor

フランス画家クロード・モネの世界を体験できる360度の音と光のショー「En Voyage with Claude Monet」が香港で初めて開催。ベルギーのクリエイティブスタジオ Dirty Monitorと地元のアートテックオーガナイザーChillHoYeahがキュレーションした。36分間かけて印象派の名前の由来となった絵画 「印象・日の出(Impression, Soleil Levant)」 (1872年) など約200点のモネの傑作を辿る。


pwa