Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

横尾忠則作品の番外編-完成以前のデザイン表現プロセスーに焦点を当てた展示会

ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)では、「横尾忠則 銀座番外地」と題した企画展を2023年5月15日(月)から6月30日(金)まで開催している。gggでは、これまで、横尾のグラフィックデザインの真髄を、ポスター、ブックデザイン、挿絵の3つのジャンル(章)で展覧してきた。4回目となる今回は、満を持して、ここ銀座で、「デザインのプロセス」という横尾作品の番外編に焦点を当てる。

adf-web-magazine-tadanori-yokoo-my-black-holes-1

Design Tadanori Yokoo and Daichi Aijima (Yokoo’s Circus)

「これからが本番です」― この言葉は、今年の2月、横尾忠則が日本芸術院で新設された<建築・デザイン>分野の会員に選ばれた時の決意表明である。「43年前に画家宣言をされた横尾さんがなんでデザイン分野なの?」 という疑問も残ったが、100年を超える歴史を持つ日本芸術院の古い体質に、風穴を開けるような事件ではなかっただろうか。

adf-web-magazine-tadanori-yokoo-my-black-holes-4

Photography Mitsumasa Fujitsuka

本展では、横尾が日本芸術院に選出された主な評価理由「文学、演劇、音楽、映画、ファッション等、様々な分野に活動の場を拡げた43年前のデザイン」(1960~80年代)に焦点を当てることになった。ただしその対象は、完成品のポスターや書籍ではなく、作品を構成するラフスケッチ、アイデアノート、デッサン。表現エレメントとしてのドローイング、原画、コラージュ。版画やポスターを仕上げるための版下、色指定紙等々、作品完成以前の膨大な「デザイン表現のプロセス」である。横尾と親交のあった高倉健が主役の映画『網走番外地』になぞらえば、「横尾の仕事の番外の地」と言っても良いだろう。

adf-web-magazine-tadanori-yokoo-my-black-holes-5

Photography Mitsumasa Fujitsuka

これらの資料や作品は、横尾忠則現代美術館のもとですでに約80箱に収納・整理されていたが、実物に触れる前に資料や作品、収納状況の記録写真18,000点余をチェック。さらに展示のための250点を厳選するのに約2,500枚の出力の山と対峙した。そのうず高く積み上げられたコピー紙の山は、すでに「ヨコオアート」の源泉で溢れかえり、「ヨコオアーカイブ」という名のカオス状態。そして、それらを「丸呑み」することによって、今回の企画展の扉が開いたのである。

adf-web-magazine-tadanori-yokoo-my-black-holes-3

Photography Mitsumasa Fujitsuka

今回大々的に展覧するスケッチや原画、版下等が並ぶ展示空間は、横尾の手のぬくもりを感じさせ、見る人に頭ではなく肉体的体験を約束する。それはブラックホールのように、今まで見えなかった横尾の創造空間に引き込み、吸収し、消失してしまうような、「無」の境地に誘う。いまだ生成し活動し続ける横尾の超私的ブラックホール。その渦中「番外の地」に迷い込んでしまえば、横尾の表現の原点・原郷に到達、遭遇できるかもしれない。

「横尾忠則 銀座番外地 Tadanori Yokoo My Black Holes」開催概要

会期2023年5月15日(月)~2023年6月30日(金)
会場ギンザ・グラフィック・ギャラリー

pwa