Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

「UNCONVENTIONAL BUBBLES」

シャンパーニュメゾン・ルイナールは、毎年国際的に活躍する現代アーティストをフランスに招き、コラボレーション作品を制作するアーティストインレジデンスに、本年度のアーティストとしてデイヴィッド・シュリグリー(David Shrigley)を招待。デイヴィッド・シュリグリーは「UNCONVENTIONAL BUBBLES(型破りな泡)」をタイトルに、描画とアクリル画36点、ネオンアート3点、陶芸作品2点、ドア作品1点、合計42作品を通して、メゾン・ルイナールを独自の視線で表現する。これらの作品は先日フランスにあるオペラ・バスティーユのある一室で一足先に披露された。日本での披露は2020年11月頃が予定されている。

adf-web-magazine-ruinart-unconventional-bubbles-1

adf-web-magazine-ruinart-unconventional-bubbles-4

adf-web-magazine-ruinart-unconventional-bubbles-3

adf-web-magazine-ruinart-unconventional-bubbles-2

昨年、シャンパーニュ地方を訪れたデイヴィッドは、ブドウ畑の散策、ルイナールのセラー「クレイエル」を探検し、それぞれの印象や表現を記録した。鋭い視線と好奇心で、シャンパーニュの醸造に潜む秘密を探ったデイヴィッドは、「シャンパーニュ醸造をテーマに作品を制作する時、シャンパーニュ地方に何度も訪れ、クレイエル、ブドウ畑、醸造所を見学し、醸造家たちに質問し、彼らの答えに注意深く耳を傾けなければなりません。そして最も大切なことは、シャンパーニュを味わうことです」と語る。

デイヴィッド・シュリグリーの作品は、ブドウ畑で働く人々、ワイン醸造家、ルイナールのシャンパーニュに命を吹き込む人々の日常の作業や習慣を興味深く表現し、伝統あるメゾンを見据え、デイヴィッドならではのブラックユーモアを通し、ルイナールを再発見する。こうして、デイヴィッドが芸術的再解釈した作品には、「UNCONVENTIONAL BUBBLES」と題名がつけられた。彼の作品の数々はメゾンのブドウ畑、メゾンがもつ遺産、サヴォアフェールに新たな光を照らす。

adf-web-magazine-ruinart-unconventional-bubbles-6

adf-web-magazine-ruinart-unconventional-bubbles

David Shrigley(デイヴィッド・シュリグリー)

また、メゾン・ルイナールで初めての試みとして、ルイナールを象徴するブラン・ド・ブラン ジェロボアムのボトル限定30本にデイヴィッドが直接デザインをした。ボトルに合わせ、アイスバケツとしても使用できる白と黒を基調としたギフトボックスも制作された。デイヴィッドの作品「UNCONVENTIONAL BUBBLES」は、メゾン・ルイナールがオフィシャルスポンサーである37の国際現代アートフェアにて展示を予定。日本では、今年の11月頃に一部の作品が披露される予定となっている。

David Shrigley / デイヴィッド・シュリグリー プロフィール

1968年、イギリスのマックルズフィールド生まれ、ブライトン在住。
デイヴィッド・シュリグリーは素朴ながらもはっきりとした筆致で身近な環境を類まれな皮肉を込めて制作した作品には、見る側が無視することができないような不合理な文章が添えられることも多く、世間を挑発して注目を集めている。ユーモアは単純なものもブラックユーモアも彼の手段であり、かなりの神経を使って巧みに扱われている。英国人もしくは英国在住作家に贈られる名声高いターナー賞に2013年にノミネートされ、2016年には英国で最も重要なパブリックアートのひとつとされる「第4の台座」プロジェクト(ロンドン、トラファルガー広場)に、異様に長い親指を突き立てて「いいね」のしぐさを示す7メートルのブロンズ彫刻「リアリー・グッド」が選出されたことでも有名。 2018年に、ブライトンフェスティバルの会長に任命。現代美術の分野で国際的に評価される一方で、大衆文化においてもマンガや本を通してカルト的な人気を誇る稀有な美術家と言われる。