Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

「ふふ 奈良」オープン

世界遺産が溢れる奈良の奈良公園内に新しいスモールラグジュアリーリゾート「ふふ 奈良」が2020年6月5日(金)にオープンする。「ふふ 奈良」の庭園は、奈良県が管理運営し一般にも開放されるため、奈良の新たな観光スポットとしても注目が集まっている。

隈研吾による建築デザイン-ふふ奈良1

建築デザインは建築家の隈研吾が手がけた。隈研吾の建築デザインにより古都奈良の景観を継承する大和張り、奈良格子、連子格子を設え、陰影のある表情を生み出している。木目の美しい吉野杉を使用することで、奈良の魅力を世界に発信する。また、日本を代表するランドスケープアーキテクト宮城俊作が、両ゾーンの既存の樹木を積極的に活かし、この場所にふさわしい庭をデザインした。新たな庭は庭園遺構や再現される茶室と調和し、「ふふ 奈良」の景観を彩どる。また各部屋には奈良の寺院を巡り、歩き疲れた体を温めてくれる天然温泉の湯のプライベートな客室露天風呂が完備されている。隈研吾による建築デザイン-ふふ奈良室内

隈研吾による建築デザイン-ふふ奈良リビング

歴史ある庭園は名勝奈良公園に指定された際、山口家南都別邸として日本を代表する実業家と芸術家の茶の湯文化を通じた交流の場であった。大阪の山口財閥の当主であった山口吉郎兵衛は銀行家であるとともに、雅号を「滴翠」と号する茶道家でもあった。この山口吉郎兵衛(滴翠)の茶室が「ふふ 奈良」敷地内に復元される。

隈研吾によるコメント

春日山のおおらかな自然と中世の寺院遺構が残る奈良公園・鷺池のほとりに、世界でも類をみない、庭を愉しむ和のスモールラグジュアリーをデザインしました。
深い杜と調和するヒューマンスケールな甍や吉野杉の大和張りがつくる陰影、野趣あふれる新旧の庭園など、奈良の歴史風土に根差した数々の設えが現代の「庭屋一如」を体現し、奈良公園と宿を引き立てます。
奈良の伝統と自然がおもてなす静謐で贅沢な時間に身をゆだね、ゆっくりと古都奈良を感じていただけることを願っています。

ふふ 奈良 情報

施設名ふふ 奈良
所在地〒630-8301 奈良県奈良市高畑町1184-1
客室30室(内、VIPルーム2室)
部屋タイプ5タイプ
付帯施設レストラン、SPA、BAR、スーベニール
料金77,000円~1泊2食1室2名(税サ込・入湯税別)
開業日2020年6月5日(金)
URLhttps://fufunara.jp

 



```