「建築模型展 -文化と思考の変遷-」の番外編として企画・再構成した展覧会

寺田倉庫が運営する現代アートのコレクターズミュージアム 「WHAT MUSEUM(ワットミュージアム)」は、「さわれる!建築模型展」を2022年10月27日から11月13日まで開催する。本展はWHAT MUSEUMで2022年10月16日まで開催している「建築模型展 -文化と思考の変遷-」の番外編として企画・再構成した展覧会である。adf-web-magazine-exhibition-architectural-models-1.jpg

建築模型は、建築物が完成に至るまでの試行や検討のツールとしてはもちろん、建築家自身の思考や表現が凝縮されたものであり、その役割は現在も変化を続けている。本展ではコミュニケーションツールとしての模型に着目。現在開催中の「建築模型展 -文化と思考の変遷-」で展示している作品の一部を入れ替え、新たに体験型の展示として再構成する。模型展示の他、いつでも模型の制作体験ができるスペースの設置や期間限定でワークショップイベントの開催を行う。実際に模型に触れる体験を通して創造力を刺激し、建築模型の価値や魅力を知る機会を提供する。

さわれる模型の展示

オンデザインパートナーズによる模型「町田芹ヶ谷公園”芸術の杜”プロジェクト パークミュージアム」を展示。“育つ模型”と題された本作品は、来場者が全長5mにおよぶ公園模型を使って、自由に添景*を動かすことができ、模型内の広場づくりに参加することができる。また、本展のために制作されたnoizによる「高次元模型」では、ARと実物の模型を通して来場者にインタラクティブな体験が可能。その他、茶室起こし絵図のレプリカ版を展示し、実際に組み立てることもできる。

adf-web-magazine-exhibition-architectural-models-2

ⓒ加藤甫

出展作品 / 建築家

「AIDA BLOCK "祈り"」 / 相田武文、「学ぶ、学び舎 モックアップ」 / 秋吉浩気|VUILD、「育つ模型(町田芹ヶ谷公園”芸術の杜”プロジェクト パークミュージアム)」 / オンデザインパートナーズ、「パンタドーム構法模型」 / 川口衞、「高次元模型」 / noiz、「失われた街」模型復元プロジェクト「大島-長崎・小田の浜」模型、「茶室起こし絵図」

WHAT MUSEUMについて

2020年12月、東京・天王洲にオープンした「WHAT MUSEUM」。寺田倉庫が作家やコレクターから預かる貴重なアート作品を公開する芸術文化発信施設。倉庫会社としての美術施設はどう在るべきかを模索し、たどり着いたのは「倉庫を開放、普段見られないアートを覗き見する」というユニークなコンセプト。作家の思いはもちろん、作品を収集するコレクターのこだわりを大切な作品とともに展示し、アートとの出会いの場を創出する。倉庫内で静かに光を放つ文化的価値を暗示した、WHAT(WAREHOUSE OF ART TERRADA)の名のもとに展示されるのは、平面や立体のアート作品をはじめ、建築模型、写真、映像、文学、インスタレーションの数々。これらの多様な芸術文化を、倉庫会社ならではの美術館のかたちとして、新たな切り口で企画・展示を行っている。

「さわれる!建築模型展」開催概要

会期2022年10月27日から11月13日まで
会場WHAT MUSEUM1階
入場料一般 1,200円、大学生 / 専門学校生 700円、高校生以下 無料

pwa