Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

東京・谷中にある全生庵にて、2020年8月1日(土)より31日(月)まで、「幽霊画展」を開催

江戸末期から明治にかけて活躍し、「牡丹燈籠」「真景累ケ淵」「死神」など、多くの名作落語を創作した落語中興の祖・三遊亭圓朝は、怪談創作の参考に数多くの幽霊画を収集していた。伝円山応挙というものから、柴田是真、伊藤晴雨、河鍋暁斎など、著名な画家たちが描いたさまざまな幽霊たち。現在は、圓朝の墓所がある全生庵でこれらの幽霊画を所蔵しており、毎年、円朝忌の行われる8月の一ヶ月間のみ幽霊画約三十幅を「幽霊画展」として公開特別公開している。

adf-web-magazine-sanyutei-encho

落語家 三遊亭円朝について

三遊亭円朝(一八三九~一九〇〇)は幕末から明治にかけて落語界の大看板であると共に、「怪談牡丹燈籠」「真景累ヶ淵」「文七元結」などの原作者としても広く知られる。そして、今なお落語界はもとより歌舞伎をはじめ、演芸界全般に影響を与え続ける。また人格面においても、全生庵開基・山岡鉄舟の導きにより禅をよく修し、その淵源を極め、京都天竜寺の滴水禅師より「無舌居士」の号を付与され「芸禅一如」の境涯に達した人物。全生庵に所蔵している円朝遺愛の幽霊画コレクションは、円朝歿後その名跡を守られてきた藤浦家より寄贈された。そのコレクションは、伝円山応挙というものから、柴田是真、菊池容斎、松本楓湖、伊藤 晴雨、河鍋暁斎など、幕末から明治の著名な画家達の筆によるユニークな幽霊画。

全生庵 「幽霊画展」概要

場所全生庵(東京都台東区谷中5-4-7)
期間2020年8月1日(土)~2020年8月31日(月) ※土日祝祭日も開催
開館時間10:00~17:00(最終入場16:30)
拝観料500円
アクセスJR・京成電鉄 日暮里駅 徒歩10分/東京メトロ千代田線 千駄木駅(団子坂下出口)徒歩5分
備考尚、新型コロナウィルス感染症予防策を講じ入場制限を行う場合もあり。

pwa