Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

「ペット的家具」という新しい発想

デザインユニットNyokkiが新作《hoop being》を、2023年10月20日(金)から10月29日(日)までDESIGNART TOKYO 2023にて、西武渋谷店 Movida館7FのEVENT HALLで展示する。《hoop being》は、ラグになり、クッションになり、人との関係性の中で柔らかにうごめく「ペット的家具」。毛糸で編まれた巨大な輪っかが自在に形状を変容させる様は、まるで生き物のよう。クッション部分には、通常は捨てられてしまう布団を洗浄・殺菌したリサイクルコットンを使用して作られている。

adf-web-magazine-nyokki-hoop-being-1

adf-web-magazine-nyokki-hoop-being-2

展示ではそれぞれのカタチがみられるが、ひと自身で形をつくり変えることができる。展示されているものはあくまでも展開例の一部にすぎない。多様化する暮らしに合わせ、人の機微に触れながら、ほどけては生成する、新しく柔らかな家具との関係。「ペット的家具」という発想に思考を巡らせてみるのも面白い。

Nyokki

三谷 悠、八幡佑希、柿木大輔からなるデザインユニット。「日常の気づきから、課題の抜け道をデザインします」をコンセプトに活動。日々の何気ない会話や行動、現象の中で気づいた違和感を発端に、実はそこにあったけれど気づいていなかった「抜け道」のあるアイデアを提案する。

DESIGNART TOKYO 2023

「感動の入口」をコンセプト2017年にスタートし、今年で7回目を迎えるデザイン&アートフェスティバル。デザインやアートの垣根を超え、純粋に感動を与えるものたちの舞台として年々注目度も増し、昨年はのべ20万人規模の来場者が訪れるイベントとして成長。2023年のテーマは「Sparks 〜思考の解放〜」として、10月20日(金)から10月29日(日)までのあいだ、表参道・外苑前・原宿・渋谷・六本木・広尾・銀座・東京各会場で開催される。

《hoop being》DESIGNART TOKYO 2023展示概要

会期2023年10月20日(金)〜29(日)
時間11:00 - 21:00
会場西武渋谷店 Movida館7F EVENT HALL
URLhttps://onl.tw/BUSmQK7

pwa