Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

フィアット500 ブルガリ500

イタリアのデザインと美意識が夢を作り出した魔法のような「ドルチェ・ヴィータ(甘い生活)」の黄金期より革新的で型破りのブルガリは、ハイジュエリーの伝統的なルールから解放され、活気に満ちた彩り豊かなジュエリーを生みだしてきた。ローマのドリームメーカーは、さらなる革新性を求め、イタリアのフィアットとともに新「フィアット500」である「ブルガリ500」を生み出した。真のジュエルカーであり、「フィアット500」シリーズ初の電気自動車から誕生した「ブルガリ500」は、イタリアのヘリテージである自由な想像力から生まれた創造性の真髄を宿す。

adf-web-magazine-bulgari-fiat-500

「チンクエチェント」とブルガリはイタリア、人々、文化を代表するアイコン。 1950年代以来、「ドルチェ・ヴィータ」の快楽的なスタイル、ファッション、デザイン、アートを称賛し、日常の美しさ、比類のない趣、想像力とともに人生を謳歌するイタリア独自のライフスタイルと同義となった。それはイタリアングラマラスであり、ブルガリとフィアットが共有するのは「The bello e ben fatto(美しく、至極の技)」であり、自然がもたらす創造の力、豊かさ、繊細さ、そして、世界に溢れる美しさの一部をサステイナブルに還元しつづけるというイタリア人の普遍的な価値観でもある。

ブルガリ生誕地であるローマに着想を得た「ブルガリ500」は、永遠の都の彩りと豊かな光を想起させるコンバーチブルカー。車体に施されたメタリックペイントには、ブルガリのシンボルであるインペリアルサフランカラーに、ヴァレンツァのジュエリー工房で、ジュエリー製造時に得た金粉を混ぜ合わせており、永遠の都の大理石と遺跡の色、オレンジ色に美しい夕陽、ローマ宮殿に注がれる秋の光が融合されたように絶妙に輝く。

adf-web-magazine-bulgari-fiat-500-2

adf-web-magazine-bulgari-fiat-500-3

adf-web-magazine-bulgari-fiat-500-4

adf-web-magazine-bulgari-fiat-500-5

エンジンのフロントグリッドには、ローマの石畳に着想を得たブルガリのアイコン「パレンテシ」のオープンワークデザインが施され、ホイールリムにはブルガリのシンボリックな8ポイントスターがあしらわれ、煌めきに溢れる金色の光線を表現する。ダッシュボードは彩り豊かなシルクで覆われ、ブルガリのアイコン「ディーヴァドリーム」の扇形モチーフがクラフツマンシップを誇る職人の手により描かれている。車体との大胆な色のコントラストをみせるレザーシートには洗練性に溢れた扇形モチーフの刺繍、ダッシュボードと同様のデザイン、ゴールドフレームの装飾が施されている。

「ブルガリ500」はイタリアの創造性を宿すファッションブランドのジョルジオアルマーニ、家具ブランドのカルテル(Kartell)とのスペシャルエディションとともに発表された。世界にひとつだけの3台の希少モデルは、2020年7月にオークションにかけられる予定となっている。


pwa