Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

過去最大規模の展覧会

井田幸昌展「Panta Rhei|パンタ・レイ − 世界が存在する限り」が、2023年9月30日(土)から12月3日(日)まで京都市京セラ美術館で開催される。画家・現代美術家の井田幸昌にとって初となる国内美術館での個展。一貫して「一期一会」を自身の創作テーマとし、二度と出会うことのない「今」を表現する井田の、過去最大規模の展覧会となる。

adf-web-magazine-ida-yukimasa-panta-rhei-2

ⒸIDA Studio Inc.

adf-web-magazine-ida-yukimasa-panta-rhei-1

Photo by RK / (Instagram @rkrkrk)

故郷、鳥取県の米子市美術館からはじまり、画家を目指すきっかけを作った京都市京セラ美術館へと巡回。京都展ではジェローム・サンスをキュレーターに迎え、鳥取展とは構成や内容を一部変えて展示する。これまでの絵画作品、立体作品、絵日記のように日々を綴った《End of today》シリーズ、家族、友人、著名人をモチーフに描いた《Portrait》シリーズなどの代表作から最新の作品まで、約350点のラインナップで紹介する。

見どころ

過去最大規模の作品数

鳥取(米子)展からさらに展示作品数を増やし、約350点を超える作品を一堂に展覧する自身過去最大規模の展覧会は圧巻。

多様な表現

卓越した画力と色彩感覚の絵画群。そして、絵肌を感じさせるブロンズ像や木彫の立体作品。一貫して「一期一会」というコンセプトを追求し制作を続ける井田の多彩な表現である。

展示構成

国際的キュレーター、ジェローム・サンスが井田の作品の魅力をさらに引き出す。作品をテーマやシリーズにわけ、7つの展示室で紹介。展覧会タイトルにもつけた、過去から未来への流れとなる井田の「変わり続けるもの」また「変わらないもの」を同時に感じることができる。

展覧会を主催いただきました京都新聞、京都市そして、スポンサーの皆様、気にかけていただいた全ての皆様に、心から感謝申し上げます。
京都市京セラ美術館は私が作家に進む決意をくれた場所です。
その後世界を旅し、刹那的な思いを描き続けてきました。
そんな作品たちをみなさまに見ていただける機会を、この場所でいただけた事をとても光栄に思っております。
私にとって原点回帰のような展示となりましたが、ここからがまた始まりです。これからも更に精進して参ります。
どうぞ皆様引き続きよろしくお願いいたします。 井田 幸昌

井田幸昌氏はとてもユニークな人物です。
伝統やルールを重んじながらも、新しい表現にチャレンジし、前進し続ける作家です。
本展示に出品された多くの作品から、彼のエネルギーを存分に感じていただけるでしょう。
今回、井田の作品を7つの部屋でテーマにわけて展示することを試みました。
展示室一つ一つを独立させているわけではなく、展示室を進む中で全てがリンクしていることを感じられるでしょう。
作品世界に没入し、井田作品をぜひお楽しみください。 キュレーター ジェローム・サンス

井田幸昌 / Yukimasa Ida

adf-web-magazine-ida-yukimasa-panta-rhei-3

Photo by RK / (Instagram @rkrkrk)

1990年、鳥取県生まれ。彫刻家である父のアトリエで幼い頃から絵を身近に親しむ。「一期一会」をテーマとし、絵画を中心に彫刻や版画など様々な分野で創作活動を展開し、国内を拠点に海外へも活躍の場を広げ、作品は国内外のコレクター、美術館に収蔵されている。2021年にはDiorとのコラボレーションを発表するなど多角的に活動。同年、日本の民間人として初めて宇宙に滞在した前澤友作氏によって、作品《End of today - L’Atelier du peintre -(画家のアトリエ)》が国際宇宙ステーション(ISS/アイエスエス)に持ち込まれ、永久収蔵されたことでも注目を集めた。その芸術文化活動は広く文化の振興に功績があったとして2022年鳥取県文化奨励賞を受賞するなど多方面で躍進を続けている。

adf-web-magazine-ida-yukimasa-panta-rhei-4

Photo by RK / (Instagram @rkrkrk)

adf-web-magazine-ida-yukimasa-panta-rhei-5

Photo by RK / (Instagram @rkrkrk)

adf-web-magazine-ida-yukimasa-panta-rhei-6

Photo by RK / (Instagram @rkrkrk)

井田幸昌 展「Panta Rhei|パンタ・レイ − 世界が存在する限り」開催概要

会期2023年9月30日(土)〜12月3日(日)
時間10:00 - 18:00 ※最終入場は17:30まで
休館日月曜日(祝日の場合は開館)
会場京都市京セラ美術館 本館 南回廊2階
料金一般/当日1,800円 大学・高校生/当日1,500円 中学生以下無料
主催京都新聞、京都市
後援京都府、京都府教育委員会、京都市教育委員会、京阪ホールディングス株式会社、株式会社エフエム
URLhttps://ida-2023.jp/

pwa