Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

新作も初公開

草野絵美の生成AIによる新作群が、金沢21世紀美術館で2023年10月7日(土)から2024年3月17日(日)まで開催される展覧会「DXP(デジタル・トランスフォーメーション・プラネット) ―次のインターフェースへ」で展示される。先だって、テキサスで行われた生成アートの祭典ArtBlocks Marfaで公開したAI写真シリーズ《Pixelated Perception》に加え、代表作《Neural Fad》を映像化した新作インスタレーション《Morphing Memory of Neural Fad》を初公開する。さらに、Callbackの協力により、グラフィックデザイナー稲葉英樹とコラボレーションした限定NFTも会場限定で無料配布される。

adf-web-magazine-kusano-emi-kanazawa-21c-museum-1

adf-web-magazine-kusano-emi-kanazawa-21c-museum-7

展示作品

Neural Fad

adf-web-magazine-kusano-emi-kanazawa-21c-museum-2

草野絵美の新作《Morphing Memory of Neural Fad》は、彼女の代表作である《Neural Fad》が新たな形で生まれ変わったもの。生成AIを用いて東京のストリートファッションの歴史を再解釈し、戦後の日本のサブカルチャーを探求するこの作品は、もともと100点の写真作品としてBright Moments Tokyoで発表された。今回、草野はAIで生成した膨大なデータを基に、モガ、フーテン族、タケノコ族、カラス族、デコラなど、東京の多様なストリートファッションヒストリーを映像インスタレーションに昇華させた。
アーティスト:草野絵美
ビデオ・ディレクター、技術協力:キョウダカンジ

Pixelated Perception

adf-web-magazine-kusano-emi-kanazawa-21c-museum-3

Pixelated Perceptionでは、AIで作成した架空の人々の肖像を用いて、デジタル時代のアイデンティティと認識について考察する。この作品は、仮想と現実の相互作用について、そして、1990年代の日本におけるピクセル/モザイクをめぐるジェンダーロールについて考えさせられる。

デジタルを食べる!? ―身体と一体化するテクノロジー

adf-web-magazine-kusano-emi-kanazawa-21c-museum-4

デジタルテクノロジーによって、この地球や私たちの生き方や感性はどのように変わっていくのか。20世紀から繰り返されてきたこの問いに対して2023年、いままでとは全く違った惑星の姿が出現しようとしている。人新世とよばれ、見えないネットワークやAI によるコントロールにひたされたこの惑星DXPでは、テクノロジーと生物との関係が日々新たに生成されている。

DXP展は、アーティスト、建築家、科学者、プログラマーなどが領域横断的にこの変容をとらえ、今おこっていることを理解し、それを感じられるものとして展開するインターフェースとなる。注目のテクノロジーであるAI、メタバースやビッグデータで構成される一つのリアリティ、そしてヴィジョンとしてのDXPは衣食住も含めた総合的なライフの可能性を提案する。

出展作家

AFROSCOPE(ガーナ)・レフィーク・アナドール / Refik Anadol(トルコ、アメリカ)・アンリアレイジ / ANREALAGE(日本)・シュルティ・ベリアッパ&キラン・クマール / Shruti Belliappa & Kiraṇ Kumār(インド)・GROUP(日本)・HATRA+Yuma Kishi(日本)・Keiken(日本、イスラエル、メキシコ)・河野富広 / Tomihiro Kono(日本)・MANTLE: 伊阪柊+中村壮志 / MANTLE: Shu Isaka+Nakamura Soshi(日本)・松田将英 / Shōei Matsuda・デイヴィッド・オライリー / David OReilly(アイルランド)・VUILD(日本)・東京大学池上高志研究室(協力:大阪大学石黒浩研究室)・Takashi Ikegami Laboratory, University of Tokyo(Supported by Hiroshi Ishiguro Laboratory, University of Osaka)・ジョナサン・ザワダ / Jonathan Zawada(オーストラリア)・メルベ・アクドガン / Merve Akdogan(トルコ)・デイヴィッド・ブランディ / David Blandy(イギリス)・明治大学宮下芳明研究室 / Homei Miyashita Laboratory, Meiji University(日本)・草野絵美 / Emi Kusano(日本)・MANTLE (伊阪柊 + 中村壮志) / MANTLE: Shu Isaka+Soshi Nakamura(日本)・ティル・ノワク / Till Nowak(ドイツ)・スプツニ子! / Sputniko!(日本)

草野絵美

adf-web-magazine-kusano-emi-kanazawa-21c-museum-6

東京都出身、レトロフューチャーをテーマに創作活動を行うアーティスト。世界三代オークション・クリスティーズ、ヴィクトリア&アルバートミュージアム、Bright Moments、Unit Londonなど国内外で展示を行う。高校時代に原宿でストリート写真家デビューし、その後「Satellite Young」の主宰兼リードシンガーとしても活動し、音楽とインスタレーションアートを中心に活動。2021年、当時8歳の息子の「Zombie Zoo Keeper」プロジェクトをきっかけにWeb3ムーブメントに参加。22年インディペンデント・アニメスタジオ「新星ギャルバース」共同創設、ローンチ後販売したNFTアートはOpenSeaの取引総額ランキングで世界1位に輝いた。今回は、画像生成AIで制作したイメージ群で構成されたインスタレーションを発表。AIと人間の記憶の関係性を探る。

「DXP(デジタル・トランスフォーメーション・プラネット) ―次のインターフェースへ」開催概要

会期2023年10月7日(土) 〜2024年3月17日(日)
時間10:00 - 18:00(金・土曜日は20:00まで)
会場金沢21世紀美術館
URLhttps://onl.tw/UwCcG9N

pwa