Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

アーティスト 小林健太 初のNFT作品がXYZAにて販売

このたび、ブロックチェーン企業 CurvegridとNFTクリエイティブコレクティブのXYZAを運営するFRMとの協業により、世界で活躍するアーティスト・写真家小林健太のデジタルオブジェクト作品「Tokyo Debris_1」シリーズが、XYZA上で3Dデータとして販売される。

adf-web-magazine-kenta-kobayashi-xyza-nft-1

画像背景はサンプルイメージ。作品は3Dオブジェクトとなる。NFT作品名:左上 Nothing lasts forever、中上 Data loses its meaning eventually、右上 Signal flying away somewhere、左中 Technological development and relativity of time、中中 Used game software、右中 Orbital emotions、左下 Personal memories and decorative value、中下 Conversations with creators、右下 Debris of colors

限定NFT作品「Tokyo Debris_1」

小林健太による限定のNFT作品「Tokyo Debris_1」シリーズは、XYZA上で2022年5月6日(金)に発売。「記憶のカケラ」(fragments of memory)をテーマに、小林健太がこれまで発表してきた代表的な写真作品を断片化し、再構成した9種類の3Dデータ作品(各5エディション)である。3Dデータ作品のファイル形式はglTFとなっており、OpenSea上でも自由に閲覧者が動かすことが可能であり、OnCyberでも飾ることが可能となっている。

adf-web-magazine-kenta-kobayashi-xyza-nft-4

Data loses its meaning eventually

小林健太 個展「Tokyo Débris(トーキョーデブリス)」

東京のWAITINGROOMにて2022年4月2日から5月1日の期間に開催された小林健太個展「Tokyo Débris」では、9種の3Dデータが登場する映像作品《9 debris》(2022年、シングルチャンネル・マルチプルチャンネルビデオ)が初めて公開された。「都市に住う人間の記憶のカケラ」をイメージの断片として、「破片(デブリ)」をモチーフとした表現で新作に昇華。壊れた鏡の破片の形状をアクリルミラーで再構成した立体作品、破片の形状をアクリルマウントされた写真に反映させ、複数の破片を組み合わせたレリーフ状の新シリーズ、壊れた鏡に都市風景が映り込むCGで制作されたイメージを円形のアクリルマウントにした写真作品、そして自身初のNFT作品など、写真を軸に様々な素材へと表現を拡張させた新作群を、巨大なグラフィックを床面に敷いたギャラリー空間全体に展示した。

adf-web-magazine-kenta-kobayashi-xyza-nft-11

Tokyo Débris photo by Shintaro Yamanaka (Qsyum!)

小林健太(Kenta Cobayashi)プロフィール

小林健太は、1992年神奈川県生まれのアーティスト。東京と湘南を拠点に活動。画像編集ソフトを用いて、写真や映像の一部を絵画のストローク(筆致)のように変容させた「#smudge」シリーズが代表作として知られている。2019年に、マーク・ウェストン率いるダンヒル、2020年春夏コレクションとのコラボレーション、またVirgil Abloh(ヴァージル・アブロー)率いるルイ・ヴィトン、メンズ秋冬コレクション2019のキャンペーンイメージを手がけた。主なパブリック・コレクションにサンフランシスコアジア美術館など。

adf-web-magazine-kenta-kobayashi-xyza-nft-12

小林健太

XYZAについて

XYZA(エックスワイジーエー)は、TOKYOをスタートとして、世界的なアーティストやギャラリーとともに、実験的でクリエイティブなクリプトアートをNFTで制作販売するコレクティブスタジオ。


pwa