Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

初開催となる「WATOWA ART AWARD 2021」がスタートし、2021年12月に渋谷で受賞作品エキシビジョンを開催

アートプロジェクトプロデュース集団「WATOWA GALLERY(ワトワギャラリー)」が主催するアーティスト支援およびアートシーン活性化のための新たなアートアワード「WATOWA ART AWARD 2021」がアート作品を2021年7月7日(水)から9月30日(木)まで募集している。20〜45歳と幅広い年代のアーティストを対象とすることで、次世代の若い才能と、これまで活動の場が限られてきた中堅作家にもスポットを当て、作品発表の機会を創出する。アート教育を担う有識者、国内外で活躍するアーティスト、インキュベーションを行うキュレーターやアートコレクターなど、年代もジャンルも異なる約20名もの審査員を迎え、それぞれの知見により審査作品へのフィードバックを行うなど、受賞者との積極的なコミュニケーションを図ることで今後のアーティスト活動を支援する。

adf-web-magazine-watowa-art-award-2021-3

初開催となる今回は、9月30日(木)までの募集期間後、画像資料による一次審査、作品実物による二次審査を経て、2021年12月20日(月)から26日(日)まで、渋谷二丁目のオルタナティブスペース「elephant STUDIO」にて開催する「WATOWA ART AWARD 2021 EXHIBITION」において、ファイナリスト作品の展示とともに受賞作品を発表する。グランプリにはWATOWA GALLERYプロデュースによるソロエキシビジョンの開催権、準グランプリにはグループエキシビジョンへの参加権を授与するとともに、グランプリにはソロエキシビジョンに向けた制作協力金50万円を提供する。審査員賞も設置し、各ジャンルにおいて活躍する審査員毎に様々なサポートを用意する。

adf-web-magazine-watowa-art-award-2021-2

WATOWA GALLERYはこれまで、数多くのエキシビジョンおよびプロジェクトのプロデュースを行い、アート・コミュニケーションの場を提供してきた。独自の感性で演出する展示空間により、限られた専門家だけでなく、業界や年代を超えた多くの方がカルチャーとしてのアートを楽しめる。また、来場者が若手作家を支援する第一歩として、500円からのドネーション制入場料を設けることで、アートシーンへの理解と親近性を深める取組みを行う(本アワードは、これまでに集まった寄付により開催する)。WATOWA ART AWARDでは、これらの活動を拡大するため、より多くのアーティストに発表の場を提供し、アーティストが世界で活躍できる実戦的で継続的な支援を行う。


pwa