Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

「ボーダレス」な空間―超主観空間―に“没入”する

アート集団チームラボは、兵庫県姫路市の姫路市立美術館にて、個展「チームラボ 無限の連続の中の存在」を開催する。会期は前期と後期に分かれ、2023年7月22日(土)から10月9日(月・祝)まで、10月21日(土)から2024年1月3日(日)までとなる。前期は「反転無分別 - Light in Dark」や「Dissipative Figures – Human, Light in Dark」、「増殖する無量の生命」他、などを展示。後期は、前期の展示作品を全て入れ替えて展示する。

adf-web-magazine-team-labs-ex-stence-in-an-infinite-sequence-1

チームラボ《反転無分別 - Light in Dark》、《Dissipative Figures – Human, Light in Dark》© チームラボ※参考画像、前期展示

チームラボ 無限の連続の中の存在

チームラボは、アートによって人類の世界認識を変えようとしている。本展において、鑑賞者は、自分が立つ現実空間と、彼らが展開する作品空間がつながる「ボーダレス」な空間―超主観空間―に“没入”する経験を通じて、この世界が連続性の上に成り立っていることを身体的に認識する。近年、チームラボの探求はさらに深化を遂げ、「生命とは何か」というテーマのもと、次々と作品を発表し、「私という存在は、心と体とそれらと連続する環境によって創られている」とメッセージを送る。生物と無生物という認識の境界をも超えようとするチームラボの現在地を前期・後期の展示替えを通して長大なスケールで展開する。

adf-web-magazine-team-labs-ex-stence-in-an-infinite-sequence-5

チームラボ《Dissipative Figures – Human, Light in Dark》© チームラボ ※前期展示

adf-web-magazine-team-labs-ex-stence-in-an-infinite-sequence-6

チームラボ《Autonomous Abstraction, 宇宙から自分の存在まで連続する現象》© チームラボ ※参考画像、前期展示

adf-web-magazine-team-labs-ex-stence-in-an-infinite-sequence-7

チームラボ《増殖する無量の生命》© チームラボ ※参考画像、前期展示

「チームラボ 無限の連続の中の存在」開催概要

前期2023年7月22日(土)から10月9日(月・祝)まで
後期10月21日(土)から2024年1月21日(日)まで
会場姫路市立美術館 企画展示室

pwa