Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

次世代を担う若手アーティストの発掘・育成を目的とする「シェル美術賞2021」が作品を募集

出光興産が主催する、若手作家の発掘・育成を目的とした「シェル美術賞2021」が作品の募集を開始する。募集期間は、2021年7月10日から8月27日まで。40歳までの若手作家を対象とする公募展で、1956年にスタートした当アワードは、今年で創設65年を迎える。コンテンポラリー・アートの分野で活躍する学芸員、作家など、新任2名を含む計4名の審査員による多彩な視点で審査を行い、受賞・入賞作品展を国立新美術館にて12月に開催する予定。adf-web-magazine-shell-art-award-2021

実施概要

応募資格

日本在住で2021年3月31日時点40歳以下(誕生日が1980年4月1日以降)の方

※応募時に、年齢・在学(学生の場合)を確認できる証明書のコピー等が必要

募集作品
  • 平面作品でワイヤーによる壁面展示が可能なもの
  • 2019年以降に制作された新作で、他の公募展等で入選していない作品
  • サイズ=162.0cm×162.0cm(S100号)以内
  • 厚さ、重量=15cm、30kg以内
出品料

出品は1人3点まで

  • 1点 = 7,000円(6,000円)
  • 2点 = 11,000円(9,000円)
  • 3点 = 14,000円(11,000円)

※専門学校・大学・大学院生は括弧内の割引料金

※高校生以下は無料、ただし1人1点に限る

申込期間

 2021年7月10日(土)~ 8月27日(金) 必着

作品搬入

 2021年9月18日(土)~ 9月19日(日)

展覧会

2021年12月8日(水)~ 12月20日(月) ※14日(火)休館

国立新美術館 展示室1B

審査員
  • 木村 絵理子(横浜美術館主任学芸員)
  • 角 奈緒子(広島市現代美術館学芸員)
  • 桝田 倫広(東京国立近代美術館主任研究員)※新任
  • ユアサエボシ(画家 シェル美術賞2013年入選)※新任

審査員プロフィール

木村 絵理子(Eriko Kimura)

横浜美術館主任学芸員、ヨコハマトリエンナーレ2020企画統括。現代美術の展覧会を中心に企画。近年の主な展覧会に、”Hanran: 20th-Century Japanese Photography”(ナショナル・ギャラリー・オブ・カナダ、2019‐2020年)「昭和の肖像―写真で辿る『昭和』の人と歴史」展(アーツ前橋、2018年)他。

角 奈緒子(Naoko Sumi)

広島市生まれ。2005年、成城大学大学院文学研究科美学・美術史専攻修士課程修了(西洋美術史)。2006年より広島市現代美術館にて勤務。これまで企画した主な展覧会は、「俯瞰の世界図」(2015)、「世界が妙だ! 立石大河亞+横山裕一の漫画と絵画」(2016-17)、「松江泰治|地名事典」(2018)など。

桝田 倫広 (Tomohiro Masuda)

1982年生まれ。早稲田大学大学院文学研究科美術史学専攻博士後期課程単位取得退学。主な展覧会に「ピーター・ドイグ展」(2020)、「アジアにめざめたら:アートが変わる、世界が変わる 1960–1990年代」(共同キュレーション、東京国立近代美術館、韓国国立現代美術館、ナショナル・ギャラリー・シンガポール、2018–2019)など。

ユアサエボシ(Yuasaeboshi)

1983年千葉県生まれ。2005年東洋大学経済学部国際経済学科卒業後、商品先物取引会社に就職するも半年で倒産、一転して画家を志す。2008年東洋美術学校絵画科卒業。近年では架空の画家を演じる作品を展開。主な個展に2019年「侵入するスペクトル」AKIO NAGASAWA GALLERY AOYAMA(東京)、2019年「曲馬考」銀座蔦屋書店アートウォールギャラリー(東京)、2019年「プラパゴンの馬」EUKARYOTE(東京)、主な受賞に2018年第10回絹谷幸二賞など。


pwa